Rakuten infoseek

辞書

御免【ゴメン】

デジタル大辞泉

ご‐めん【御免】
正式に免許・認可することを、その決定を下す者を敬っていう語。「名字帯刀がご免になる」「天下ご免
役職などを解かれることを、その決定を下す者を敬っていう語。「お役がご免になる」
嫌で拒否する気持ちを表す語。もうたくさん。「戦争は二度とご免だ」
過失などをわびるときや許しを乞(こ)うときに言う語。「遅くなってご免
他家を訪問したり辞去したりするときに言うあいさつの語。「ご免、お邪魔するよ」「では、ご免

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ごめん【御免】
免許・許可の尊敬語。 お出入り-になる 天下- 木戸-
免官・免職の尊敬語。 お役を-になる
「ごめんなさい」の略。 さっきは-ね
「ごめんください」の略。 玄関で-、-と呼ばわる
拒否・拒絶の気持ちを婉曲に表す語。 戦争はもう-だ そんな役回りは-だ
赦免・容赦の尊敬語。 衆会しゆえのおん座敷とも存ぜず候。-あらうずるにて候/謡曲・吉野静
[句項目] 御免(を)蒙る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ご‐めん【御免】
〘名〙 (「ご」は接頭語)
① 免許することを、その動作主を敬っていう語。
※平家(13C前)二「出家の志の候ふよし〈略〉此由法皇へ伺ひ申して御免ありけり」
※蘭東事始(1815)上「阿蘭陀船(おらんだせん)は御免ありて、肥前平戸へ船は来たしぬ」
② 免官、または、免職することを、その動作主を敬っていう語。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「エ御免(ゴメン)にお成りだとエ…ヲヤマどうしてマア」
③ 容赦、赦免することを、その動作主を敬っていう語。
※曾我物語(南北朝頃)三「御めんわたらせおはしまして、かれらを御たすけ候べし」
※史記抄(1477)一四「何とありとも我はまいるまい。御免あれとて弟子をのぼせて」
④ 拒否する気持を表わす語。もうたくさんである。いやである。御免を蒙る
※洒落本・辰巳之園(1770)「そんな事は、御免(コメン)だ御免だ」
※二百十日(1906)〈夏目漱石〉二「どうも驚ろいた。以来君と旅行するのは御免(ゴメン)だ」
⑤ =ごめんがわ(御免革)〔日葡辞書(1603‐04)〕
⑦ 他家を訪問したとき、また、辞去するときに言う挨拶(あいさつ)の語。
※草枕(1906)〈夏目漱石〉二「『それぢゃ、まあ御免』と源さんが挨拶する」
※草枕(1906)〈夏目漱石〉一一「『御免』と訪問(おとづ)れる」
⑧ 謝罪、ことわりなどを言うときに発する語。
※洒落本・寸南破良意(1775)手代「『御めんなんし』とすわり」
たけくらべ(1895‐96)〈樋口一葉〉六「美登利さん昨夕(ゆふべ)は御免(ゴメン)よと突然(だしぬけ)にあやまれば」
[語誌]もともと「許可」を意味する「免」に尊敬を表わす接頭語「御」のついた語。その後、「御免」の下に命令形を伴って、軽いことわりや、詫びの意を表わす「ごめんあれ」「ごめんくだされ」「ごめんなされ」などの形が生じた。これが定着すると、省略形としての「ごめん」も近世中期頃から用いられるようになった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御免」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御免の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.