Rakuten infoseek

辞書

御の字【オンノジ】

デジタル大辞泉

おん‐の‐じ【御の字】
《江戸初期の遊里語から出た語。「御」の字を付けて呼ぶべきほどのもの、のから》
非常に結構なこと。望んだことがかなって十分満足できること。「出費がこの程度で済めば御の字だ」
最上のもの。
「―の太夫」〈浮・諸艶大鑑・八〉
[補説]1について、文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「70点取れれば御の字だ」を、「大いにありがたい」と「一応、納得できる」の、どちらの意味だと思うかを尋ねたところ、次のような結果が出た。
 平成20年度調査平成30年度調査
大いにありがたい
(本来の意味とされる)
38.5パーセント36.6パーセント
一応、納得できる
(本来の意味ではない)
51.4パーセント49.9パーセント

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おんのじ【御の字】
もと遊里語。という字を付けたくなるほどのもの、の意
たいへん結構な物。また、そのような人。 今の世の-の客/浮世草子・織留 3
ありがたいこと。満足なこと。 五千円なら-だ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御の字」の用語解説はコトバンクが提供しています。

御の字の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.