Rakuten infoseek

辞書

【ウ】

デジタル大辞泉

う【得】
[動ア下二]え(得)る」の文語形

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

え【得/能】
[副]《動詞「う(得)」の連用形から》
(下に打消しの語または反語を伴って)不可能の意を表す。…できない。うまく…できない。
「若者は挨拶の言葉も―言わないような人で」〈有島・溺れかけた兄弟〉
「数ならぬ身は、―聞き候はず」〈徒然・一〇七〉
可能の意を表す。…できる。うまく…できる。
「面忘れだにも―為(す)やと手(た)握りて打てども懲りず恋といふ奴(やっこ)」〈・二五七四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とく【得】
[名・形動]
(「徳」とも書く)利益を得ること。もうけること。有利であること。また、そのさま。「一文のにもならない」「な性分」⇔
成就すること。成功すること。
「つつしめるは―の本なり」〈徒然・一八七〉
仏語浄土に往生し、涅槃(ねはん)の証果を得ること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とく【得】[漢字項目]
[音]トク(呉)(漢) [訓]える うる
学習漢字]4年
〈トク〉
手に入れる。「得点得票獲得既得取得拾得所得生得
もうける。もうけ。「得策得分損得役得余得欲得利得
心にかなう。わかる。「得意得心得得会得感得自得説得体得納得(なっとく)
〈え〉「得体(えたい)得手(えて)
[名のり]あり・なり・のり・やす

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

う【得】
( 動下二 )
下一段活用の動詞「える(得)」の文語形。
(「…する(こと)をう」の形で)…することができる、…することが許されるという意を表す。文語調のごくかたい表現として用いられる。 「改悛の情あるときは…出獄を許すことを」 「許可なき者は入室するをず」 → える(得)うる(得)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とく【得】
( 名 )
利益を得ること。もうけること。また、その利益。もうけ。 ⇔ 「損して-とれ」 「何の-にもならない」
手に入れること。得ること。 ⇔ 「自他のために失多く-少なし/徒然 164
〘仏〙 真宗で、浄土に往生し、涅槃に入ること。
( 形動 ) [文] ナリ 
有利である・こと(さま)。 ⇔ 「そっちを買うほうが-だ」 「百円お-な商品です」 「憎めない-な性格」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うる【得】
(動詞「える(得)」の文語的な言い方で、本来は「う(得)」の連体形であるが、現在では終止形としても使われる) ⇒える(得)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とく【得】
〘名〙
① 得ること。なすことの叶うこと。成就すること。
讚岐典侍(1108頃)上「一とせの行幸の後、又見参らせばやと、ゆかしくおもひ参らするに、そのとくなければ」 〔春秋左伝‐定公九年〕
② (「徳」とも) もうけ。利益。利得。
※落窪(10C後)一「時の受領は、世にとく有物といへば、只今そのほどなめれば、つかうまつらむ」
※雁(1911‐13)〈森鴎外〉一「我儘をするやうでゐて、実は帳場に得(トク)の附くやうにする」 〔漢書‐項籍伝〕
③ (形動) 有利であること。便利であること。また、そのさま。
④ (prāpti の訳語) 仏語。衆生(しゅじょう)が身に得たものを失われないようにつなぎとめておく力をいう。逆に身から離れさせる力を非得という。〔倶舎論‐四〕
⑤ 仏語。真宗で、因位のとき得ることを獲というのに対し、果位において得ることをさしていう。信を得るのは獲、極楽往生してさとりを得るのは得である。
三帖和讚(1248‐60頃)正像末「獲の字は因位のときうるを獲といふ、得の字は果位のときにいたりてうることを得といふなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

得の関連情報

他サービスで検索

「得」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.