Rakuten infoseek

辞書

従属

デジタル大辞泉

じゅう‐ぞく【従属】
[名](スル)
権力や威力のあるものに依存して、それにつき従うこと。「大国に従属する」
主要な事柄に対して、それに付随または支配される関係にあること。「規約改正に従属する諸手続き」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゅうぞく【従属 dependent】
確率論の用語。いくつかの事象があって,それらが互いに影響しあって起こる場合を指す。例えば,n本のくじの中で当りくじがm本であるとき,最初に引く人が当たるのと,次に引く人が当たるのとは従属している。すなわち最初の人が当たる確率はm/nで,この事象が起こったとしたとき,次の人が当たる確率(条件付き確率)はであるが,最初の人が当たらなかった場合は次の人の当たる確率はとなって同じではない。これに反し,最初に引いた人が,当たっても当たらなくても,引いたくじを元に戻せば,次の人の結果は前とは無関係になってしまう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じゅうぞく【従属】
( 名 ) スル
強力なもの、中心となるものにつき従うこと。 「大国に-する」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅう‐ぞく【従属】
〘名〙
① 強いものにつき従うこと。また、それに頼ったり、その言いなりになったりすること。
南蛮寺興廃記(1638頃)「この国の従属の亜嫣港、呂宋など日本の南方に当れり」 〔韓非子‐五蠧〕
② 主要な、中心となる事柄に対して、それに支配・左右される関係にあること。
※哲学階梯(1887)〈今井恒郎訳〉二「二個の概念は従属するか、或は等属するか」
文法で、文の構成部分として他の部分に対し、独立または対立の関係でない主述、修飾、条件的接続などの関係をもつこと。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

従属」の用語解説はコトバンクが提供しています。

従属の関連情報

他サービスで検索

「従属」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.