Rakuten infoseek

辞書

従価税【じゅうかぜい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

従価税
じゅうかぜい
ad valorem tax
財やサービスの取引価格を基準にして率を決める課税方式のこと。日本においては物品税消費税や輸入関税の大部分が従価税である。徴税手続は価格算定の煩雑さから困難である場合が多い。従価税は価格が上昇するほど税収がふえ,価格が下落するほど税収が減ることになるので,インフレーション期の徴税方法としては有利である。また従価税方式の輸入関税にあっては輸入価格が下落するほど税額が減少することになるから,輸入価格の下落に伴って国内産業保護の機能が失われることになる。 (→従量税 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅうか‐ぜい【従価税】
課税物件の価格を基準にして税率が定められている租税。→従量税

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典

従価税
輸入品の価格を標準として関税を課す税率をいいます。長所として、輸入品の価格に比例して関税負担がかかること、輸入品の価格変動につれて関税額も変化しインフレに対応できることがあげられますが、輸入品の適正な価格の把握が容易でないこと、輸入品の価格が低くなるほど関税額も低くなり国内産業保護という機能が薄れるなどの短所もあります。

出典:(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」

世界大百科事典 第2版

じゅうかぜい【従価税】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じゅうかぜい【従価税】
課税物件の価格を課税標準とする租税。 → 従量税

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅうか‐ぜい【従価税】
〘名〙 課税物件の価格を標準にして、その価格に対する一定の比率で課せられる税。物品税、輸入物資の関税の大部分が含まれる。⇔従量税
※関税法(明治三二年)(1899)六三条「従価税を課すべき貨物の課税価格に関する異議を」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

従価税」の用語解説はコトバンクが提供しています。

従価税の関連情報

他サービスで検索

「従価税」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.