Rakuten infoseek

辞書

徐脈【じょみゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

徐脈
じょみゃく
bradycardia
心臓の拍動数が異常に減少する状態で,普通は脈拍数が1分間 60以下になる。病的なものとはかぎらないが,循環器系の症状として現れることもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょ‐みゃく【徐脈】
心臓の拍動の緩やかなもの。ふつう、1分間の拍数が60以下の場合をいう。→頻脈

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

徐脈
 脈もしくは心拍数が毎分50拍未満の状態.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょみゃく【徐脈】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じょみゃく【徐脈】
脈拍数が一分間六〇以下に減少した状態。病気や薬物によるもののほかに、スポーツマンに見られるものがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

徐脈
じょみゃく
bradycardia
脈拍数が1分間に60以下のものをいう。迷走神経(副交感神経)の緊張による洞性徐脈は、スポーツ心臓や高齢者などにみられる。心臓のペースメーカーとして働く洞結節部の機能低下や、洞房ブロック(洞結節と心房間の刺激伝導障害)によっても、毎分40~60のいわゆる房室結節調律をきたす。また完全房室ブロック(心房と心室間の完全刺激伝導障害)のときには、毎分30前後の脈拍数を示す。触診でまず徐脈の診断がついたら、心電図によって徐脈の原因や種類を調べる必要がある。病的な原因によらないものは放置してよいが、洞房ブロックや完全房室ブロックによるものなどでは、人工ペースメーカーの装着が必要となるものが多い。ほかに、高血圧症などの治療に用いられる交感神経受容体ブロッカーなどの薬剤によるものがある。この場合、服用薬剤を検討し変更しなければならない。[木村和文]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょ‐みゃく【徐脈】
〘名〙 心臓の拍動のゆるやかなもの。ふつう一分間の脈拍数が六〇以下の場合をいう。心筋炎・冠動脈硬化・高血圧・黄疸など、病的な場合に多くみられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徐脈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

徐脈の関連情報

他サービスで検索

「徐脈」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.