Rakuten infoseek

辞書

後身【コウシン】

デジタル大辞泉

こう‐しん【後身】
生まれ変わった身。また、境遇や性格などが変わった、あとの身。⇔前身
組織や団体などが、もとの形から変わって現在の姿になったもの。「旧制中学の後身である高校」⇔前身

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こうしん【後身】
改革や発展を経て、制度・組織などが以前の形とは変わってしまっているもの。
生まれかわった身。ごしん。
身分・境遇などが、以前とは変わってしまったあとの身。
▽⇔ 前身

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うしろ‐み【後身】
〘名〙
① からだの後ろの部分。背後。
※歌舞伎・傾城青陽𪆐(1794)五つ目「処が稲荷の鳥居先、〈略〉心得ぬと思うて、後ろ身に気を附けれど、尾の生えた体も見えず」
※家事研究(1920)婦人改良常用服〈長尾糸〉「肩は七分後身にくりこしてあります」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐しん【後身】
〘名〙
① 生まれかわった身。生まれかわり。ごしん。⇔前身
※米沢本沙石集(1283)三「孔子は儒童菩薩の後身(コウシン)といへり」 〔魏書‐劉予業伝〕
② 境遇、性格などがすっかり変わってしまったあとの身。⇔前身
※江談抄(1111頃)三「勘解由相公者、是伴大納言之後身也」
③ 団体や組織などで、以前にあったものを別の形で受けついでいるもの。以前の形から変化、発展したもの。⇔前身
※江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉一「鹿鳴館の〈略〉後身(コウシン)が今の華族会館で」
④ 体の背中側。
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉二編「其刺(とげ)の長さ七八寸許り。恰も箭(や)の如し故に箭猪と名く。首及び後身(コウシン)に生ずる者尤も長し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ご‐しん【後身】
〘名〙 死後の身。生まれかわり。再誕。こうしん。
※本朝文粋(1060頃)一三・為空也上人供養金字大般若経願文〈三善道統〉「在善悪之因縁、成劫壊劫、前身後身、禽獣魚虫、何物非流転之父母」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後身」の用語解説はコトバンクが提供しています。

後身の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.