Rakuten infoseek

辞書

後藤新平【ごとうしんぺい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

後藤新平
ごとうしんぺい
[生]安政4 (1857).6.4. 水沢
[没]1929.4.13. 京都
政治家。帰農した伊達藩士の子。当初医師。児玉源太郎もとで台湾経営に顕著な働きをみせた。のち,1906年南満州鉄道初代総裁。1908年逓信大臣兼鉄道院総裁,拓殖局副総裁,1918年外務大臣,1920~23年東京市長などを歴任経世家としてのその才能には一定の評価がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

後藤新平
明治から昭和初期にかけて幅広い分野にわたって活躍した政治家。医師として出発し、内務官僚南満州鉄道株式会社(満鉄)総裁、東京市長などを務め、1923年の関東大震災直後には被災した東京の復興のための「帝都復興院」を創設し、リーダーシップを発揮した。
1857年6月4日(旧暦、太陽暦7月24日)、陸奥国胆沢郡塩釜村(現岩手県奥州市水沢区)生まれ。福島県の須賀川医学校に学び、19歳で愛知県病院に赴任する。内務省衛生局に入り、ドイツ留学を経て、92年に内務省衛生局長に就任。98年に台湾総督府民生局長となって統治計画を推し進め、1906年には満鉄の初代総裁となり、数々の事業を軌道に乗せ、08年から11年まで第2次桂太郎内閣の逓信大臣兼鉄道院総裁を務めた。16年から18年までの寺内正毅内閣では、内務大臣兼鉄道院総裁を務めた後に外務大臣に転じ、20年には汚職事件で引責辞任した東京市長の後任に就き改革に取り組んだ。関東大震災の翌日に発足した第2次山本権兵衛内閣で内務大臣となり、就任5日目には閣議に「帝都復興ノ議」を提出して「帝都復興院」を創設した。大規模な区画整理や道路計画を打ち出し、近代的な橋梁(きょうりょう)や復興小学校の整備を盛り込むなど、焼け跡に近代的な首都のグランドデザインを描いた。この東京復興計画は、現在でも有効だとして高く評価されているという。
公衆衛生、鉄道、通信、金融、都市計画などの多岐にわたる事業に、徹底的な調査や優れた人材の抜擢(ばってき)をもって取り組み、大胆な構想は時に「大風呂敷」と言われた。その長期を見据えた仕事ぶりは近年、再評価されていたが、2011年の東日本大震災で再び注目されている。1929年4月13日死去。
(原田英美  ライター / 2011年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

ごとう‐しんぺい【後藤新平】
[1857~1929]政治家。岩手の生まれ。満鉄初代総裁となり、植民地経営に活躍。逓信・内務・外務各大臣、東京市長などを歴任。また、関東大震災直後の東京の復興と、日ソ国交回復に尽力した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

後藤新平 ごとう-しんぺい
1857-1929 明治-昭和時代前期の政治家。
安政4年6月4日生まれ。明治31年台湾総督府民政局長となり,39年満鉄初代総裁。41年第2次桂内閣の逓信相兼鉄道院総裁。大正7年寺内内閣の外相となりシベリア出兵を推進。東京市長をへて,12年第2次山本内閣の内相兼帝都復興院総裁となり,関東大震災後の東京の都市計画を指導した。伯爵。昭和4年4月13日死去。73歳。陸奥(むつ)胆沢(いさわ)郡(岩手県)出身。須賀川医学校卒。
【格言など】カネを残すのは下,事業を残すのは中,人を残すのが上(信条)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ごとうしんぺい【後藤新平】
1857‐1929(安政4‐昭和4)
官僚,政治家。水沢藩出身。須賀川医学校卒。愛知県立病院長を経て内務省に入り,1892年衛生局長となったが,相馬事件で一時連座入獄。日清戦争の時陸軍の検疫事務を担当,その功で98年総督児玉源太郎から台湾総督府民政局長に抜擢(ばつてき)された。島民反抗を鎮圧して治安を維持し,砂糖,ショウノウなどの産業を開発するなど初期の植民地経営に手腕を発揮,1906年南満州鉄道会社(満鉄)初代総裁に就任,同年男爵。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごとうしんぺい【後藤新平】
1857~1929 政治家。岩手県生まれ。須賀川医学校卒。初代満鉄総裁・逓相・内相・外相・東京市長などを歴任。大陸進出を鼓吹した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

後藤新平
ごとうしんぺい
(1857―1929)
明治~大正時代の政治家。安政(あんせい)4年6月4日水沢藩士の家に生まれる。福島の須賀川(すかがわ)医学校を卒業後、愛知県病院長を経て1883年(明治16)に内務省衛生局に入る。2年間のドイツ留学ののち、1892年に衛生局長となり、公衆衛生行政の基礎を築いた。この間、相馬(そうま)家の財産騒動に巻き込まれ入獄も経験した。1898年より8年間、児玉源太郎総督のもとで台湾総督府民政局長を務め、島民の反乱を抑え、諸産業の振興や鉄道の育成を図るなど植民地経営に手腕を振るった。その実績を買われて1906年(明治39)には南満州鉄道株式会社初代総裁に就任した。また貴族院議員に勅選され、1908年第二次桂太郎(かつらたろう)内閣に入閣し逓信(ていしん)大臣兼鉄道院総裁、1912年(大正1)第三次桂内閣でさらに拓殖局総裁を兼ね、1916年寺内正毅(てらうちまさたけ)内閣では内務大臣、鉄道院総裁を務め、のちに外務大臣としてシベリア出兵を推し進めた。1920年に東京市長に就任、8億円の東京市改造計画を提案し、1922年には東京市政調査会を創立し、関東大震災(1923)後の復興にあたっては第二次山本権兵衛(やまもとごんべえ)内閣の内務大臣と帝都復興院総裁を兼任するなど都市改造に力を尽くした。また1923年にはソ連代表ヨッフェを招き会談、ソ連との国交回復を図った。東京放送局総裁、東京連合少年団団長を務め、政治倫理化運動を行い、1928年伯爵。昭和4年4月13日に73歳で没した。
 明治国家の発展とともにその最先端の領域を歩き、衛生行政、植民地経営、都市政策に多くの業績を残した。それは新たな方式による国家利益誘導の試みであった。しかしその試みはしばしば既存の体制と衝突し、東京市改造計画案は「大風呂敷(おおぶろしき)」と評され、40億円の震災復興計画は規模、費用、計画主体などすべての点で後退を迫られた。[成田龍一]
『鶴見祐輔著『後藤新平』全4巻(1937~1938・後藤新平伯伝記編纂会) ▽鶴見祐輔他著『正伝・後藤新平』全8巻・別巻1(2004~2007・藤原書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごとう‐しんぺい【後藤新平】
官僚、政治家。伯爵。陸奥水沢(岩手県)出身。須賀川医学校卒。内務省に入り、台湾民政長官、貴族院議員、満鉄初代総裁、第二次桂内閣の逓相兼鉄道院総裁などをつとめ、以後、内相・外相・東京市長を歴任。その間、大陸進出を積極的に唱え、シベリア出兵論を説く。のち日ソ国交回復に努めた。安政四~昭和四年(一八五七‐一九二九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

後藤新平
ごとうしんぺい
1857〜1929
明治末期・大正時代の政治家
陸奥(岩手県)の生まれ。内務省に入り,台湾総督府の民政局長として植民地経営の業績をあげ,1906年初代南満州鉄道総裁,以後,逓相・鉄道院総裁・内相・外相・東京市長などを歴任。関東大震災後の第2次山本内閣では内相兼帝都復興院総裁となり,東京の復興に尽力した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後藤新平」の用語解説はコトバンクが提供しています。

後藤新平の関連情報

関連キーワード

インドの大反乱ケクレインド大反乱歌沢大和大掾インド大反乱シュラーギントワイト[兄弟]ビゼーミレーワーグナーガーディナー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.