Rakuten infoseek

辞書

後百済【こうひゃくさい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

後百済
こうひゃくさい
Hu-Paekche
朝鮮,新羅末期の国 (900~936) 。古代三国を統一した新羅も末期になると各地に反乱が起り,豪族が割拠した。尚州 (現慶尚北道) の農民出身の甄萱 (けんけん) は滅亡した百済の再興を名目として孝恭王4 (900) 年,完山州 (現全羅北道全州) を首都に定め「後百済」と号し,中国や日本とも通交した。この前後,北方の鉄円 (江原道) に拠る弓裔の泰封国と残存の新羅と三国が対立したので「後三国」時代ともいう。一方,松岳 (現開城付近) 出身の豪族王建は最初は弓裔の部下であったが,人心が弓裔を去ったのをみて兵をあげ,泰封国を倒して 918年高麗を建国した。以後は高麗と後百済との対立になるが,927年後百済は新羅の慶州に侵入し,景哀王を自殺させ敬順王を擁立した。ところが 935年後百済では王位継承をめぐって内紛が起り,甄萱は長子神剣に幽閉された。甄萱は王建の保護を求めて投降し,天授 18 (935) 年すでに新羅を破った王建は同 19年後百済と一利川 (現慶尚北道全山) に戦い,これを滅ぼして高麗の全朝鮮統一が完成した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後百済
ごひゃくさい
後百済」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ご‐くだら【後百済】
新羅(しらぎ)末期、892年に甄萱(けんけん)が建てた国。都は完山(全州)。936年、高麗(こうらい)王建に滅ぼされた。ごひゃくさい。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうひゃくさい【後百済】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ごくだら【後百済】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

後百済
ごひゃくさい
朝鮮、後三国の一つ。新羅(しらぎ)の支配体制は9世紀末には大きく動揺し、地方では豪族が台頭した。西南では甄萱(けんけん/しんけん)が892年に武州(光州広域市)に挙兵し、900年には完山州(全羅北道全州)を都と定め、百済の復興を唱えた。これが後百済である。甄萱は国家組織を整え呉越(ごえつ)、後唐(こうとう)や、日本(922、929)にも通交した。このころ、北部では弓裔(きゅうえい)が鉄円(江原道鉄原)を拠点に自立し(後高句麗(ごこうくり))、918年には王建がこれにかわって高麗(こうらい)を建て、いわゆる後三国時代の覇を争った。後百済は927年に慶州を攻め、新羅の景哀王(けいあいおう)を自殺せしめて強大化したが、935年には内紛を起こし、甄萱が高麗に亡命するや、高麗の攻撃を受けて翌年滅亡した。[浜田耕策]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後百済」の用語解説はコトバンクが提供しています。

後百済の関連情報

関連キーワード

ラウールレオ7世燕雲十六州フラン(フランスの通貨単位)甄萱ハインリヒザクセン朝ハインリヒ[1世]ルイ[4世]

他サービスで検索

「後百済」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.