Rakuten infoseek

辞書

後燕【こうえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

後燕
こうえん
Hou-yan; Hou-yen
中国,五胡十六国の一つ。前慕容氏の一族慕容垂 (ぼようすい) の建てた国 (387~409) 。垂は前から独立し,中山 (河北省定県) にして,登国9 (394) 年西燕を滅ぼし,朝鮮,中国東北部から華北一帯を領したが,翌年北魏に敗北。やがて竜城 (遼寧省朝陽) に移り,国力を回復しようとしたが内乱が多く,建始1 (407) 年には将軍馮跋 (ふうばつ) のクーデターにより,高氏出身の慕容雲が即位。しかしまもなく雲は殺され,馮が王位を奪った (→北燕 ) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐えん【後燕】
中国五胡十六国の一。384年、鮮卑(せんぴ)族の慕容垂(ぼようすい)が建国。都は中山(河北省)。409年、北燕の馮跋(ふうばつ)に滅ぼされた。ごえん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ご‐えん【後燕】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうえん【後燕】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうえん【後燕】
中国、五胡十六国の一。前燕の一族慕容垂ぼようすいが建てた鮮卑系の王朝(384~409)。都は中山(河北省)。北魏に圧迫され、北燕の馮跋ふうばつに滅ぼされた。ごえん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごえん【後燕】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

後燕
こうえん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐えん【後燕】
中国、五胡十六国の一つ。三八四年、鮮卑族の慕容垂が前秦から独立して建国し、四代、四〇九年までつづいた。都は中山。華北の東部一帯を領したが、北に敗れ、ついで北燕に滅ぼされた。ごえん。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ご‐えん【後燕】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後燕」の用語解説はコトバンクが提供しています。

後燕の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.