Rakuten infoseek

辞書

後漢【こうかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

後漢
こうかん
五代」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後漢
ごかん
」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐かん【後漢】
中国、五代の一国。947年、後晋劉知遠(りゅうちえん)(高祖)が建国。都は汴京(べんけい)(開封)。950年、後周に滅ぼされた。ごかん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ご‐かん【後漢】
中国古代の王朝。25年、前漢景帝の6世の孫、劉秀(りゅうしゅう)光武帝)がを滅ぼして、を再興。都は洛陽(らくよう)。220年、献帝のとき魏(ぎ)に滅ぼされた。東漢
こうかん(後漢)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごかん【後漢】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ごかん【後漢】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうかん【後漢】
中国、五代の一。後唐・後晋の臣、劉知遠が建てた中原の王朝(947~950)。都は大梁。二世四年で部将の郭威に滅ぼされた。
ごかん後漢

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごかん【後漢】
中国、劉秀(光武帝)が王莽おうもうの新を滅ぼして復興した漢王朝(25~220)。都は洛陽。黄巾の反乱で衰退、滅亡した。前漢を西漢というのに対し東漢ともいう。
こうかん後漢

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐かん【後漢】
中国国名。五代の一つ。九四七年、突厥沙陀部出身の劉知遠が、後晉を滅ぼした遼軍が引き揚げたのち、大梁(河南省開封県)を中心に建てた国。二代で、九五〇年後周に滅ぼされた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ご‐かん【後漢】
中国古代の王朝名。
[一] 王莽(おうもう)の新が滅びたのち、西暦二五年、劉秀(光武帝)が再興した漢王朝。都は洛陽。三代までは栄えたが、二二〇年、外戚、宦官の介入による政治の混乱と地方豪族の割拠によって滅亡した。東漢。
[二] 五代十国の後漢(こうかん)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後漢」の用語解説はコトバンクが提供しています。

後漢の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.