Rakuten infoseek

辞書

後期【こうき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

後期
こうき
anaphase
細胞分裂で中期終期の間の時期。中期で赤道面に並んだ2本の染色分体または相同染色体のおのおのが,その一部である動原体に結合した紡錘糸に引かれてどちらかの分裂極へ移動しはじめる時期から,分裂極に到着して娘核核膜が形成されるまでの時期をいう。時間的には短いが,染色体の形態的特徴を調べるうえで重要な時期である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐き【後期】
一定の期間を二つまたは三つに分けたうちの、あとのほうの期間。「江戸後期の文学」⇔前期

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

後期
 細胞分裂の一段階で,染色体が分裂して娘染色体になって両極へ移行する時期.この時期の変化はサイトカラシンBで阻害され,細胞分裂が停止する.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こうき【後期】
一定の時代や期間を前・後の二つ、あるいは前・中・後の三つに分けた場合、そのあとの方に属する時期。 江戸時代- -の授業

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐き【後期】
〘名〙
① 一定の期間を前後、または前中後の三部分などに分けた場合、そのあとの方にあたる期間。後半の期間。
※小学読本(1884)〈若林虎三郎〉一「此の書は初等科第一年後期の始より同期の終までに授くべき目的を以て」
② 後の期日。後に会うこと。
※懐風藻(751)七夕〈吉智首〉「河横天欲曙。更歎後期悠」 〔白居易‐祭中書韋相公文〕
③ 取引市場で、定期売買のうち、もっとも期限の長いもので、翌々期に取引されるもの。〔模範新語通語大辞典(1919)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後期」の用語解説はコトバンクが提供しています。

後期の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.