Rakuten infoseek

辞書

後撰和歌集【ごせんわかしゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

後撰和歌集
ごせんわかしゅう
平安時代中期の第2勅撰和歌集。 20巻。歌数 1400首余。村上天皇の宣旨により,天暦5 (951) 年和歌所が梨壺におかれ,藤原伊尹 (これただ) が長官となり,清原元輔紀時文 (きのときぶみ) ,大中臣能宣 (おおなかとみのよしのぶ) ,源順 (したごう) ,坂上望城 (さかのうえのもちき) の5人が,『万葉集』の訓釈にあたる一方で撰集にあたった。天暦9 (955) ~天徳2 (958) 年の間に一応完成したとする説が有力。『古今和歌集』と比較すると未整備とみえる点も少くないので,未定稿説も多い。春 (上中下) ,夏,秋 (上中下) ,冬,恋 (一~六) ,雑 (一~四) ,離別羇旅,慶賀哀傷に部立。序はない。撰者の歌は1首もなく,紀貫之 (きのつらゆき) ,伊勢,凡河内躬恒 (おおしこうちのみつね) ら『古今集』の歌人の歌,藤原時平,師輔 (もろすけ) ,実頼ら権門の歌,伊勢大輔 (いせのたいふ) ら女流の歌が多く,全体として恋歌や私的な歌が目立つ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごせんわかしゅう〔ゴセンワカシフ〕【後撰和歌集】
平安中期の勅撰和歌集八代集の第二。20巻。天暦5年(951)、村上天皇の命により、大中臣能宣(おおなかとみのよしのぶ)清原元輔(きよはらのもとすけ)源順(みなもとのしたごう)紀時文坂上望城(さかのうえのもちき)の梨壺(なしつぼ)の五人が撰し、同10年前後に成立か。紀貫之伊勢らの歌1420余首を、四季・恋・雑など10部に分類して収録。歌物語的な傾向がみられる。後撰集

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごせんわかしゅう【後撰和歌集】
略称《後撰集》。《古今和歌集》をつぐ平安時代第2の勅撰和歌集。20巻。951年(天暦5)村上天皇の宣旨により,藤原伊尹(これただ)を別当(責任者)に,清原元輔,大中臣能宣(よしのぶ),源順(したごう),紀時文,坂上望城(もちき)を撰者として宮中の梨壺(昭陽舎)で撰集を開始,数年後に成立したようだが,現存本はいずれも本文が乱れ序文もないので,はっきりしない。伝本によって違うが,1425首の本が多い。《古今集》に比べて贈答歌がいちじるしく多く,しかも紀貫之・伊勢などの《古今集》時代の歌人のほかは,専門歌人の歌はとらずに,藤原実頼・同師輔などの権力者の女性とのやりとりを多く採歌するなど人事詠,日常詠が多いので,晴の歌(公的な歌)よりも褻(け)の歌(私的な歌)を重んじた歌集だといわれている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごせんわかしゅう【後撰和歌集】
第二番目の勅撰和歌集。二〇巻。951年、村上天皇の命により、大中臣能宣おおなかとみのよしのぶ・清原元輔・源順みなもとのしたごう・紀時文・坂上望城の梨壺の五人が撰進。成立年未詳。歌数約一四二〇首。撰者の歌はなく、当時の権門や女流歌人の歌を多く入れている。また、詞書が長く、贈答歌が多い。三代集・八代集の一。後撰集。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

後撰和歌集
ごせんわかしゅう
『古今(こきん)和歌集』に次ぐ第二の勅撰和歌集。略称「後撰集」。951年(天暦5)、村上(むらかみ)天皇の命により昭陽舎(梨壺(なしつぼ))に撰和歌所が設けられ、別当に藤原伊尹(これただ)、寄人(よりうど)に大中臣能宣(おおなかとみのよしのぶ)、清原元輔(きよはらのもとすけ)、源順(したごう)、紀時文(きのときぶみ)、坂上望城(さかのうえのもちき)のいわゆる「梨壺の五人」が任ぜられて、『万葉集』の読解と勅撰和歌集の撰集とが行われた。後者の結果できたのが本集である。成立年代は未詳で、藤原清輔(袋草紙(ふくろぞうし))以来未定稿説も有力に行われてきている。部立(ぶだて)は、春上中下(巻1~3)、夏(巻4)、秋上中下(巻5~7)、冬(巻8)、恋1~6(巻9~14)、雑1~4(巻15~18)、離別・羇旅(きりょ)(巻19)、慶賀・哀傷(巻20)で、『古今集』より簡素化されている。序文はない。歌数は流布本で1426首。詞書(ことばがき)が長く三人称表記であり、贈答歌が180組と多いので、物語的歌集ともされる。作者は220人で『古今集』より倍増し、上位入集(にっしゅう)者は紀貫之(きのつらゆき)74、伊勢(いせ)70、凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)・藤原兼輔(かねすけ)23、大輔(たいふ)16、藤原時平(ときひら)14、藤原師輔(もろすけ)13、在原業平(ありわらのなりひら)・藤原実頼(さねより)・敦忠(あつただ)・壬生忠岑(みぶのただみね)10首、古今歌人のほか、当代権門、女性など素人歌人の多い歌集である。撰者詠はない。この部立、詞書、作者層の特色は、貴族の恋を中心とする日常生活歌(褻(け)の歌)をおもな撰集素材とし、人間関係に興味を示した撰集態度によるものである。したがって、既成の表現に寄りかかった類型的、常套(じょうとう)的表現が目だつが、「心」中心の情趣的で滋味ある歌も多い。[杉谷寿郎]
『窪田章一郎・杉谷寿郎・藤平春男著『鑑賞日本古典文学7 古今和歌集・後撰和歌集・拾遺和歌集』(1975・角川書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごせんわかしゅう ゴセンワカシフ【後撰和歌集】
平安中期の二番目の勅撰集。二〇巻。天暦五年(九五一)、村上天皇の勅命で和歌所が置かれ、藤原伊尹が別当に、大中臣能宣、清原元輔、源順(みなもとのしたごう)、紀時文、坂上望城(さかのうえのもちき)のいわゆる梨壺の五人が撰者となった。成立は天暦七年頃かという。紀貫之、伊勢、凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)ら二二〇人余りの歌約一四二〇首を、四季、恋、雑など一〇部に分類し収録したもの。私的な贈答歌が多く、歌物語的な傾向が見られる。後撰集。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後撰和歌集」の用語解説はコトバンクが提供しています。

後撰和歌集の関連情報

他サービスで検索

「後撰和歌集」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.