Rakuten infoseek

辞書

後拾遺和歌集【ごしゅういわかしゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

後拾遺和歌集
ごしゅういわかしゅう
平安時代後期の第4勅撰和歌集。 20巻。歌数約 1220首。承保2 (1075) 年白河天皇の勅命を受け藤原通俊 (みちとし) が撰,応徳3 (86) 年奏上,改訂して翌寛治1年再度奏覧。春 (上下) ,夏,秋 (上下) ,冬,賀,別離,羇旅哀傷,恋 (一~四) ,雑 (一~六) に部立され,雑六に神祇釈教など新しい部立が設けられたことなどが注目され,序も復活している。和泉式部,相模,赤染衛門能因,伊勢大輔 (いせのたいふ) などの歌が多く,一条朝以後の摂関盛時を反映して,華麗で抒情的な歌が目立つ。清新な叙景歌や,斬新な発想,表現など,新しい傾向もみられ,源経信の『難後拾遺』のような論難書も出た。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごしゅういわかしゅう〔ゴシフヰワカシフ〕【後拾遺和歌集】
平安後期の勅撰和歌集八代集の第四。20巻。承保2年(1075)、白河天皇の命により藤原通俊(ふじわらのみちとし)が撰し、応徳3年(1086)成立。和泉式部らの歌約1200首を収録。後拾遺集

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごしゅういわかしゅう【後拾遺和歌集】
勅撰集。八代集の4番目の歌集。《後拾遺集》とも呼ぶ。撰者藤原通俊(みちとし)。20巻。1218首。1075年(承保2)に白河天皇の勅命を受け,86年(応徳3)春に草稿本,同年9月に奏覧本が完成。翌87年に改訂して再奏本を作った。組織構成は《古今集》に近く,〈仮名序〉と漢文序に相当する〈目録序〉を備えている点にも《古今集》回帰を感じさせる。主要歌人と歌数は,和泉式部67,相模40,赤染衛門32,能因法師31,伊勢大輔27,清原元輔26,大中臣能宣(よしのぶ)26,源道済22,藤原長能20,藤原公任19などである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごしゅういわかしゅう【後拾遺和歌集】
第四番目の勅撰和歌集。二〇巻。白河法皇下命、藤原通俊撰。1086年成立、翌年改訂。歌数約一一二〇首。仮名序を有す。女流歌人の歌が多く、また叙景歌に新しい方向が示されているが、この集に対する非難も多く、源経信の「難後拾遺抄」はその代表。八代集の一。後拾遺集。後拾遺。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

後拾遺和歌集
ごしゅういわかしゅう
院政期に成った第4番目の勅撰(ちょくせん)和歌集。本来『後拾遺和歌抄』といった。藤原通俊(みちとし)(せん)、20巻、1218首。院政期初頭の王政復古政策の一環として、白河(しらかわ)天皇により企図され、1075年(承保2)命が下ったが、通俊が蔵人頭(くろうどのとう)の激務にあったため、9年後ようやく着手、1086年(応徳3)春、草稿本の成立をみた。その後、周防内侍(すおうのないし)、伯母(はくのはは)(康資王母(やすすけおうのはは))、源経信(つねのぶ)などの内覧を経る一方、名筆世尊寺伊房(せそんじこれふさ)に清書を依頼したが、不都合があって結局これを撰者の手元にとどめ(家本(いえほん))、撰者の甥(おい)、隆源法師が奏覧本を書いた。この過程で歌界の第一人者源経信との間に取り交わされた『後拾遺問答』(逸文を『袋草紙』に収める)により、撰入歌を切り出したり修正を加えたが、経信は飽き足りず、『難後拾遺』を著し、これが勅撰集論難書の嚆矢(こうし)となる。通俊は論難を重くみて奏覧本を再訂した(再奏本)。撰歌に賄賂(わいろ)を認めたとの風評から『小鰺(こあじ)集』と異名がつくなど芳しくない世評が伝わる(袋草紙)。しかし『古来風躰抄(こらいふうていしょう)』が評価するように、一条(いちじょう)朝以来の勅撰集空白期に累積した名歌は多く、とりわけ、和泉(いずみ)式部、相模(さがみ)、赤染衛門、伊勢大輔(いせのたいふ)などの閨秀(けいしゅう)歌人、能因法師とその先達、後輩の顔ぶれも多彩で、詠風、歌題意識も三代集と一線を画し、冷えさびた純粋叙景や四季、恋題意の細分化など中世和歌の萌芽(ほうが)をみうる。[後藤祥子]
『藤本一恵著『後拾遺和歌集全訳注』全4冊(講談社学術文庫) ▽上野理著『後拾遺集前後』(1976・笠間書院)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごしゅういわかしゅう ゴシフヰワカシフ【後拾遺和歌集】
平安末期の四番目の勅撰集。八代集の一つ。二〇巻。承保二年(一〇七五)、白河天皇の下命があり、応徳三年(一〇八六)成立した。撰者は藤原通俊。和泉式部、相模、赤染衛門、能因、伊勢大輔ら三二〇人あまりの歌一二一八首を四季・賀・別・旅・哀傷・恋・雑など、一〇部に分類して収録したもの。女流歌人に焦点がおかれ、雑の部に神祇・釈教を新しく立て、叙景歌などに新風が見られる。後拾遺集。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後拾遺和歌集」の用語解説はコトバンクが提供しています。

後拾遺和歌集の関連情報

他サービスで検索

「後拾遺和歌集」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.