Rakuten infoseek

辞書

【タイ】

デジタル大辞泉

たい【待】[漢字項目]
[音]タイ(漢) [訓]まつ
学習漢字]3年
まち受ける。まつ。「待機待避待望期待
もてなす。取り扱う。「待遇歓待虐待招待接待優待
[名のり]なが・まち・みち

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まち【待/祭】
きまった日に人々が集まり、忌みのためにこもって一夜を明かすこと。また、その行事。まつり。「甲子(きのえね)―」「二十六夜―」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たい‐・す【待】
〘他サ変〙
① 待遇する。取り扱う。
※文明本節用集(室町中)「善与而不争虚心平志待(タイスルニ)物以正〔六韜〕」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉貧書生「士を待(タイ)するの道を知りおる」
② 待ちうける。予定する。
江戸繁昌記(1832‐36)四「一夕の妻を聘かんと待す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まち【待】
〘名〙 (動詞「まつ(待)」の連用形の名詞化)
① まつこと。また、そのときの状態。
② 昔の狩言葉(かりことば)。高い木の股に横木を結びつけ、その上にいて、鹿などが下にくるのを待って射ること。まち木。
今昔(1120頃か)二七「待と云ふ事をなむしける」
③ 商人が、あらかじめ仕込みをして客を待っている売物。でき合いの商品。〔随筆・松屋筆記(1818‐45頃)〕
雅楽で、舞の譜に用いられる語。ひとつの動きから次の動きに移る時、ひと拍子または二拍子待つことが必要な時に使われる。
ハイヤーやタクシーが客に貸しきられて、走行していない状態。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まと【待】
動詞「まつ(待)」の終止形・連体形に当たる上代東国方言。
※万葉(8C後)一四・三五六一「かなと田をあらがきまゆみ日が照(と)れば雨を万刀(マト)のす君をと麻刀(マト)も」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

待の関連情報

他サービスで検索

「待」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.