Rakuten infoseek

辞書

【シチョウ】

デジタル大辞泉

しちょう〔シチヤウ〕【征】
(「四丁」「翅鳥」「止鳥」などとも書く)
囲碁で、逃げようとする相手の石を、斜めに追って当たりとし、逃げられなくすること。
1にかけられる意から》身の自由を失い、進退きわまること。
「―に掛けて追ひめぐれば」〈・五人兄弟〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい【征】[漢字項目]
常用漢字] [音]セイ(漢) [訓]ゆく うつ
旅に行く。「征衣
敵・罪人を討ちに行く。「征夷(せいい)征討征伐征服遠征出征東征
征服する。「征圧
[名のり]さち・そ・ただし・ただす・まさ・もと・ゆき
[難読]征矢(そや)征箭(そや)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐ちょう ‥チャウ【征・止長・翅鳥テウ・四丁・四町】
〘名〙
① 囲碁で、石が一手もすかせず、アタリ、アタリと追われて取られてしまう形。この状態になるかどうかは、対角線上(六本の範囲内)の配置いかんできまる。一手すいたまま追われて取られる形を「ゆるみしちょう」または「だめあきしちょう」という。
※囲碁式(1199)先手事「中の池をとられず、四丁不懸、又我為には此等の事に皆便ある也」
② 転じて、身の自由を失うこと。追いつめられてとらえられること。
※歌舞伎・三人吉三廓初買(1860)七幕「天道様がお許しなさらず、行くに行かれぬ四鳥(しテウ)の四つ辻」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい【征】
〘名〙 行くこと。旅ゆくこと。また、罪のある者を、行ってせめうつこと。
※名語記(1275)五「征はゆいてうつといへるよみあり」 〔詩経‐召南・小星

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐・す【征】
〘他サ変〙 ⇒せいする(征)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐・する【征】
〘他サ変〙 せい・す 〘他サ変〙
① 命令にしたがわないもの、敵意を示すものなどを攻め討つ。征伐する。
※大慈恩寺三蔵法師伝永久四年点(1116)六「陛下図を御したまふに及びて、一たび征(セイシ)て斯れ殄(つ)きぬ」
租税を徴収する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

征の関連情報

他サービスで検索

「征」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.