Rakuten infoseek

辞書

役人【ヤクニン】

デジタル大辞泉

やく‐にん【役人】
国や地方自治体の機関に勤めている人。官公吏公務員
役目を受け持っている人。
「―ぞ、明けられよとて」〈平家・三〉
役者。俳優。
「獅子舞の―」〈浮・五人女・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えきじん【役人】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

やくにん【役人】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やくにん【役人】
官公庁につとめている人。官吏。公務員。
役目をもっている人。
能・芝居で演技するもの。役者。 「獅子舞の-/浮世草子・五人女 1
江戸時代、本役ほんやくを負担する者。
[句項目] 役人風を吹かす

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やく‐にん【役人】
〘名〙
① 役目のある人。役を受け持ってする人。役員。係の者。
※中右記‐大治二年(1127)八月一五日「山守事以僧為役人、誠可然也」
※太平記(14C後)二四「随兵、帯刀、直垂著、布衣の役(ヤク)人、悉く次第を守り列を引き」
② 官職に就いている人。公務に従事している人。官人。吏員。公務員。
※大内氏掟書‐一三一条・長享三年(1489)五月日「彼盗物之事、預置其所之役人批判
※開化のはなし(1879)〈辻弘想〉初「官人(ヤクニン)も品流(いへがら)で用ゆる事もなく」
③ 芸能で、役をつとめる人。役者。俳優。また、囃子方(はやしかた)などを含めていうこともある。出演者。
申楽談儀(1430)勧進の舞台、翁の事「舞過て、面を脱ぐをも、やくにんにあらざる者取りて渡して、箱に納むべし」
④ 江戸時代、田畑・屋敷を所持し、一軒前の夫役(労役)、すなわち本役を負担する者。近世初頭における農村構成の中心をなす。役屋。
※地方凡例録(1794)一〇「年貢其外勘定の儀、〈略〉百姓に印形させ、名主より小百姓方へ手形を出し、帳の結目に役人押切判をして」
⑤ 疱瘡(ほうそう)にかかった人。
※雑俳・柳多留‐八(1773)「役人に成ると小児もむつかしい」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

役人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

役人の関連情報

他サービスで検索

「役人」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.