Rakuten infoseek

辞書

彩度【さいど】

デジタル大辞泉

さい‐ど【彩度】
色相明度とともに、色の三属性の一。色の鮮やかさの度合い。色の純度。飽和度。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

彩度
 色の三属性(色相,明度,彩度)の一つで,色のさえ方,色の鮮やかさの指標

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典

彩度
 デジタル画像の色の鮮やかさを表す言葉。 フォトレタッチソフト などで調整することができる。彩度を上げると鮮やかさは強調されるが、色がきつくなる傾向がある。逆に下げると階調が整うことが多い。

出典:カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さいど【彩度】
色の属性の一つ。彩度ということばだけからは色のあざやかさということになるが,英語ではsaturation,つまり飽和度であり,全体の明るさに対する色みの割合ということになる。したがって白色の彩度は0であるが,単色光の彩度は必ずしも1ではない。とくに570nm近辺の光は明るくても色みの量は少なく彩度は低い。これに対し700nmの光は赤の色みの量の占める割合が大きく彩度は高くなる。しかし,日常ではもちろんのこと,色彩学の分野でも,このように厳密に割合という意味まで考えないで使用する場合が多い。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

さいど【彩度】
物体表面の色のあざやかさの度合。色の三属性の一。色の純度。飽和度。 → 色相明度

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

彩度
さいど
飽和度」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

彩度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

彩度の関連情報

他サービスで検索

「彩度」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.