Rakuten infoseek

辞書

彩層【さいそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

彩層
さいそう
chromosphere
太陽大気の下層部。色圏ともいわれる。光球コロナの間に広がる厚み数千 kmの部分。皆既日食時,太陽全体が月に隠される寸前,光球の外側に赤く光って見えることからこの名がつけられた。日食時以外でも,スペクトロヘリオグラフコロナグラフを用いて観測ができる。彩層の下層部は比較的一様であるが,上層部はスピキュールと呼ばれるガス塊が噴出している。彩層の温度はおよそ 5000~50万Kで高さとともに上昇する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さい‐そう【彩層】
太陽の光球を取り巻く厚さ2000~3000キロの希薄な太陽大気。外側にコロナが広がる。ふだんは見えないが皆既日食の際、皆既直前直後に淡紅色に輝いて見える。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さいそう【彩層 chromosphere】
ふだん肉眼で見える太陽の光球のすぐ外側に位置する厚さ2~34kmの薄い層のこと。皆既日食のとき,皆既の直前と直後にコロナの内側弧状に赤く輝いて見える。赤く見えるのは彩層が水素のHα線(波長6563Å)を強く放射するからである。Hα線だけを通すリヨ・フィルターで太陽面を見ると,たいへん非均質な彩層の構造を見ることができる。彩層の構造は太陽面に突き刺さった針状のスピキュール群とその間の温度約6000Kのガス領域からなる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さいそう【彩層】
太陽大気の下層部で、光球とコロナとの間にある厚さ数千キロメートルの部分。皆既日食時の月が光球を隠す直前および直後の十数秒間、赤く彩られた弧になって見える。 → 反彩層

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

彩層
さいそう
太陽光球の外側にある厚さ2000~3000キロメートルのガス層。光球に比べて磁場の影響を受けやすいので、磁場に起因する太陽の活動現象を調べるのに適している。皆既日食のとき、皆既の直前や直後に太陽を隠す黒い月の縁に赤く輝いて見える。水素の赤い輝線(波長656.3ナノメートル)を強く放射するため、彩層は赤く彩られて見える。太陽より低温の星やF型星にも彩層があり、星の活動現象を調べるのに役だっている。太陽と同じG型星でも自転速度の速いものや遅いものがある。速く自転している星は彩層がより活発であり、誕生して間近の若い星である。星はコロナから風を放出し、時間がたつとともに、自転が遅くなり彩層の活発さも弱くなる。[日江井榮二郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さい‐そう【彩層】
〘名〙 太陽大気の下部をいう。光球とコロナにはさまれた厚さ約二〇〇〇~三〇〇〇キロメートルの部分で、皆既日食のとき、光球の部分が月におおわれると、赤色に輝いてみえる。この赤色は水素の出すもので、光球より温度が高く、その上部ではおよそ二万度と推定される。彩球。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

彩層」の用語解説はコトバンクが提供しています。

彩層の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.