Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

形式論理学【けいしきろんりがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

形式論理学
けいしきろんりがく
formal logic
判断や推理の抽象的構造 (形式,法則) を内容と切離して研究する学。認識論的論理学に対する。形式論理学を論理学と同一視するのは今日では誤り。いわゆる伝統的形式論理学は,真理発見のための方法論的反省としてのアリストテレス論理学がストアにおいて文法学,修辞学と結びついてまったく形骸化し,中世スコラ学がこれを神学の補強の具とするうちに精緻な体系を得たもので,言語論理学とも呼ばれる。アリストテレスの推理論の三段論法を中心とし,内容がどうあれ前提の2判断が成立すれば結論も成立するという関係をいうのみ。学的体系は概念論,判断論,推理論から成る。概念論は名辞,周延,範疇など,判断論は諸判断 (全称肯定A,全称否定E,特称肯定I,特称否定O) とその対当関係 (大小,矛盾,反対,小反対) を,推理論は三段論法を扱う。また根本原理 (思考の法則) として次の4つをあげる。同一原理「AはAである」,矛盾原理「Aは非Aでない」,排中原理「AはBであるか非Bであるかのいずれかである」,充足理由の原理「すべてのものはその十分な理由をもつ」。なお記号論理学は,伝統的形式論理学を数学との連関において記号化し,さらに発展させたものである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けいしき‐ろんりがく【形式論理学】
正しい思考の構造および過程を、思考の内容を捨象してもっぱらその形式・法則の面から取り扱う学問。一般に、アリストテレスに始まり中世を通じて演繹(えんえき)的論理学の体系としてまとめられた伝統的論理学をさすが、現代では記号論理学をもさす。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けいしきろんりがく【形式論理学】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

けいしき‐ろんりがく【形式論理学】
〘名〙 正しい論理の形式的構造を研究する学問。一般に、アリストテレス以来の伝統的な論理学をさし、三段論法を中心に、概念・判断などの思惟形式を取り扱う。現代の記号論理学をいう場合もある。形式論理。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉「形式論理学の命題に於ける名辞の如く」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

形式論理学
けいしきろんりがく

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

形式論理学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

形式論理学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.