Rakuten infoseek

辞書

形容動詞【けいようどうし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

形容動詞
けいようどうし
日本語の品詞の一つ。「静かだ」「親切だ」のように,用言の一種で,意味上は形容詞に近く,活用の点では動詞に似たところがあるものを,全体で1語と認め,形容動詞と呼ぶ。しかし,この品詞を認めるか否かは論争があり,単語の認定法,品詞の認定法により異なる意見が出ている。また,形容動詞を認めても,どの単語がそれに属するのかという点で一致しないことがある。橋本文法では形容動詞を認めるが,時枝文法では「静か」「親切」がわれわれの意識のなかで1語として存在しており,しかも単独で使われることもあることなどを根拠として,いわゆる「形容動詞」は形容詞的意味をもつ体言に指定の助動詞のついたものとみるべきであるとしている。山田文法や松下文法でも「形容動詞」を品詞として設定してはいない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けいよう‐どうし【形容動詞】
国語の品詞の一。活用のある自立語で、文中において単独で述語になることができ、言い切りの形が、口語では「だ」、文語では「なり」「たり」で終わるもの。「静かだ」「静かなり」「堂々たり」の類。形容詞と同じく事物の性質や状態などを表す語であるが、活用のしかたが形容詞と異なる。口語の形容動詞は活用のしかたが基本的には一つで、「だろ・だっ(で・に)・だ・な・なら・〇」と活用する(若干の変種がある)が、文語の形容動詞にはナリ活用タリ活用の2種類がある。なお、活用語尾が「から・かり・かり・かる・かれ・かれ」と語形変化するものをカリ活用として、形容動詞の一活用とみる説もあるが、現在の学校文法では形容詞の補助活用として扱う。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けいようどうし【形容動詞】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けいようどうし【形容動詞】
品詞の一。用言に属し、活用があり、終止形語尾が、口語では「だ」、文語では「なり」「たり」であるもの。事物の性質・状態などを表す点では形容詞と同じであるが、形容詞とは活用を異にする。「静かだ」「にぎやかだ」「はるかなり」「堂々たり」の類。活用は、口語では一種類であるが、文語にはナリ活用・タリ活用の二種類がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

形容動詞
けいようどうし
日本語文法における品詞の一種。用言に属し、また形容詞と同様に物の性質や状態を表す。活用はに示すように文語に2種、口語に1種ある。なお、口語においても、タリ活用形容動詞のうち連用形(と)、連体形(たる)のみが残存したものがあり(堂々など)、辞書の類ではこれらを不完全な形容動詞として認めているものもある。
 形容動詞は、本来、数の少ない形容詞の不足を補う形で発生したものであり、またとくにタリ活用は漢語系の体言を状態の形容に用いるために発達した。文法論上は、形容動詞を品詞として認めず、体言と助動詞の2語に分解すべきであるとする時枝誠記(もとき)のような立場も存在する。しかし、その場合も、通常の体言と形容動詞語幹とでは、その用法に差があること(格助詞が承接できるかどうかなど)は認めざるをえない。したがって、文法論上の論議とは別に、実用的には形容動詞を1語と認めておく立場が一般的である。[近藤泰弘]
『橋本進吉著『国文法体系論』(1959・岩波書店) ▽時枝誠記著『日本文法 口語篇』(1950・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けいよう‐どうし【形容動詞】
〘名〙 国語の品詞の一つ。動詞、形容詞とともに用言に属する。事物の性質、状態を表わす点は形容詞と同じであるが活用を異にする。文語では、「あり」が形容詞連用形に接合した「良かり」の類(カリ活用)、「あり」が「に」を伴う副詞に接合した「静かなり」の類(ナリ活用)、「あり」が「と」を伴う副詞に接合した「堂々たり」の類(タリ活用)の三種が認められ、活用はラ行変格活用にほぼ同じである。口語では「だろ・だっ(で・に)・だ・な・なら」と活用して、形容詞とほぼ同じ役目をもつものをいう。これは文語のナリ活用にあたる。文語のカリ活用は部分的に形容詞の活用の中に吸収され、タリ活用も連体形だけが残存する。「に」「と」を伴う副詞を、形容動詞の連用形とみる考え方がある一方、品詞としての形容動詞を解消する考えもある。〔中等教科明治文典(1904)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

形容動詞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

形容動詞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.