Rakuten infoseek

辞書

形・態【なり】

大辞林 第三版

なり【形・態】
〔「成り」と同源〕
物の形。特に人の体の格好。 「 -は大きいがまだ子供だ」 「その山は…-は塩尻のやうになむありける/伊勢 9
服装。また、髪形・服装などを含めた、人の姿。身なり。 「南極にでも行くような-でやって来た」 「派手な-」
様子。状態。ありさま。 「あそこも爰にも物を談合する-が有たぞ/蒙求抄 2」 「二貫目借りた内からする-をして太い事をいふてありかす/浮世草子・禁短気」
名詞・活用語の連体形の下に付いて、それによって制約・決定された状態、それ相応の状態などの意を表す。 「道-に行く」 「彼には彼-の意地がある」 「山-」 「弓-」 「人の言う-になる」 「短い-にまとまった作品」 「背が高ければ高い-の悩みがある」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なり【形・態】
[1] (動詞「なる(成)」の連用形の名詞化)
① できあがったかたち。形状。さまかたち。
※書紀(720)雄略六年二月(前田本訓)「天皇泊瀬(はせ)の小野に遊びたまふ。山野の体勢(ナリ)を観(みそなは)して」
② 衣服などを身につけた姿。身なり。服装。衣装。なりふり。
※落窪(10C後)一「落窪をさしのぞいて見給へば、なりのいとあしくて、さすがに髪のいとうつくしげにてかかりてゐたるを、あはれとや見給ひけん」
③ からだのかたち。からだつき。
※説経節・をくり(御物絵巻)(17C中)一二「うけたまはれば、みづからは、なりとかたちが、よいときくほどに」
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉一〇「身長(ナリ)は小さくっても喧嘩の本場で修業を積んだ兄さんだ」
④ 人が何かしている有様や、おかれた状態。かっこう。
※史記抄(1477)一四「ちゃっと病のなりを見て、やがて五蔵之輸を知るぞ」
⑤ 周囲の評判。外聞。きこえ。ていさい。
※歌舞伎・和布苅神事(1773)五段「海女が海士に惚れるが、なんで形(ナリ)が悪い」
⑥ 動詞の連体形、過去・完了の助動詞「た」の連体形、または体言に付いて、(…の姿の)まま、…のままの意を表わす。
※俳諧・俳諧古選(1763)一「蹈み倒す形りに花さく土おほね〈乃龍〉」
⑦ 形容詞の連体形について、その状態に応じての意を表わす。
※硝子戸の中(1915)〈夏目漱石〉一「いくら狭い世界の中でも狭いなりに事件が起って来る」
⑧ 動詞の連体形について、(…した)とたんに、…とすぐにの意を表わす。
※春泥(1928)〈久保田万太郎〉みぞれ「『何をしてゐるんだな、おい』みるなり田代はキメつけるやうにいった」
[2] 〘語素〙
① 動詞の連用形に付いて、…するまま、…するに従うさまの意を表わす。「いいなりになる」「曲りなりの成果」
※橋(1927)〈池谷信三郎〉八「行き過ぎなりに、チラと見た男の顔」
② 名詞に付いて、そのもの相応であるさまの意を表わす。「子供なりに考える」
※「山びこ学校」訪問記(1951)〈臼井吉見〉中野好夫氏に「かれらなりにつかんだ生きかたをつらぬく」
③ 名詞に付いて、…の形の意を表わす。「弓なりになる」
※曾我物語(南北朝頃)一「わらひていづるを見れば、菩薩なりにして、色あさぐろく、たけは六尺二分」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

形・態」の用語解説はコトバンクが提供しています。

形・態の関連情報

他サービスで検索

「形・態」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.