Rakuten infoseek

辞書

【トウ】

デジタル大辞泉

とう〔タウ〕【当】
[名]
道理にかなっていること。理屈に合っていること。「を得た答え」
そのものに相当すること。「一騎千」
仏語。来るべき世。来世。当来。
[連体]この、その、現在の、今話題にしている、などの意を表す。「劇場」「ホテル」「案件」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう【当〔當〕】[漢字項目]
[音]トウ(タウ)(呉)(漢) [訓]あたる あてる まさに…べし
学習漢字]2年
仕事や任などにあたる。「当局当直当番担当
あてる。割りあてる。「充当抵当日当配当
あてはまる。道理にかなう。「当否穏当該当至当失当順当正当相当妥当適当不当
そうするのがあたりまえだ。「当為当然
その。この。問題の。「当時当日当社当地当人当方
今の。「当座当主当節当代
「当選」の略。「当落
[名のり]まさ・まつ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あて【当】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あだて【当】
めあて。あてど。 「今で請け出す-はなし/浄瑠璃・氷の朔日
手段。てだて。よすが。 「傍に拡げし書付に、主をはごくむ-とあるが/浄瑠璃・富士見西行」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう【当】
道理にかなっていること。
「当の…」の形で連体詞として用いる。 → 当の
〘仏〙「当来」の略。未来のこと。
名詞の上に付いて、「この」「その」「私どもの」、また、「現在の」「今話題にしている」などの意を表す。 「 -劇場」 「 -案件」
[句項目] 当を得る 当を失する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とう タウ【当】
[1] 〘名〙
① ちょうどその事にあたること。ちょうどその時の問題の対象になっていること。→当の
② 道理にかなっていること。また、特定の条件にかなっていること。
※朝日新聞‐明治三九年(1906)一一月一三日「還付条件の当不当に至りては」 〔史記‐礼書〕
③ 仏語。これから来ようとする世。当来。来世。
※日蓮遺文‐神国王御書(1275)「已にも入れず、今も入れず、当にもはづれぬ」
[2] 〘語素〙 名詞の上に付いて、この、その、現在の、さしあたっての、などの意を表わす。
※上杉家文書‐(年未詳)(室町前)三月二九日・足利直義書状「小笠原彌次郎長綱当奉公之処」 〔列子‐楊朱〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

当の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.