Rakuten infoseek

辞書

当用漢字【とうようかんじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

当用漢字
とうようかんじ
1946年内閣訓令第7号,同告示第 32号で公布された「当用漢字表」に載っている 1850字の漢字をいう。「当用」とは,日常生活の当座の用に使うものとでもいう意味で,「法令・公用文書・新聞・雑誌および一般社会で,使用する漢字の範囲を示したもの」である。 48年には「当用漢字音訓表」,49年には「当用漢字字体表」が公布されて音訓と字体が定められた。 48年「当用漢字別表」が公布され,1850のうち 881字がいわゆる「教育漢字」とされた。また別に「人名用漢字別表」が 51年に公布され,当用漢字以外でも人名に用いてさしつかえないものとして 92字が認められた。なお,54年に国語審議会が「当用漢字表補正試案 (当用漢字補正資料) 」を出し,28字の入替えを提案。この漢字制限に対し,いろいろの反対論も出された。 73年新たに「当用漢字音訓表」が公布され,同付表で「田舎」 (いなか) ,「お母さん」 (おかあさん) などが認められることになった。なお,人名漢字についても 76年に「人名用漢字追加表」が公布されて 28字が追加になった。また,77年に国語審議会から「当用漢字表」に代るものとして 1900字から成る「新漢字表試案」,79年には 1945字から成る「常用漢字表案」が出され,81年3月には「常用漢字表」が国語審議会答申として公表された。これを受けて同年 10月には「常用漢字表」「新人名用漢字表」が告示された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とうよう‐かんじ〔タウヨウ‐〕【当用漢字】
現代国語を書き表すために、日常使用する漢字の範囲を示すものとして、国語審議会の答申に基づき、昭和21年(1946)11月16日、内閣訓令・国告示として公布された「当用漢字表」に掲げられている1850字の漢字。のち「当用漢字音訓表」「当用漢字字体表」「当用漢字別表(教育漢字)」が定められたが、昭和56年(1981)10月、当用漢字にかわるものとして、当用漢字に95字を追加した「常用漢字表」が内閣告示・同訓令として公布された。→常用漢字

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうようかんじ【当用漢字】
日常生活に使用する漢字の範囲として,1946年11月に内閣訓令および告示によって公布された〈当用漢字表〉にある1850種の漢字。48年には〈当用漢字別表〉が公布され,1850字のうち881字は義務教育で学ぶべき漢字,すなわち教育漢字とされた。音訓表,字体表もおのおの公布され,人名漢字についても制限が加えられた。その後の改定を経て,今日では〈常用漢字表〉が〈漢字使用の目安〉とされている。常用漢字【山田 武】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうようかんじ【当用漢字】
1946年(昭和21)国語審議会の答申に基づき政府が告示した「当用漢字表」に載っていた一八五〇字の漢字。現代国語を書き表すために、日常使用される漢字の範囲を示したもの。のち48年当用漢字音訓表・当用漢字別表(教育漢字)、49年当用漢字字体表などが定められたが、81年新たに常用漢字表が告示され、ほとんどその中に取り入れられた。 → 常用漢字

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

当用漢字
とうようかんじ
1946年(昭和21)11月から81年10月まで用いられた「当用漢字表」に掲げられた1850字の漢字。81年廃止、新しく定められた「常用漢字表」に吸収された。「当用漢字表」は、第二次世界大戦後、漢字乱用の弊を除く目的で、法令・公用文・新聞雑誌および一般社会で使用する漢字の範囲を示すとして、国語審議会の答申に基づき内閣訓令・告示として1946年に公布され、「同別表」(教育漢字881字、1948年)、「同音訓表」(1948年、のち73年改訂)、「同字体表」(當→当、藝→芸などの簡略字体採用、1949年)、「人名用漢字別表」(1951年)などを伴って、公用文、新聞その他に採用され、小・中・高の学校教育にも適用された。国語表記の簡易化を目ざす施策であったが、1974~82年の国語審議会の審議を経て、「常用漢字表」に席を譲った。当用漢字は、字体表・音訓表も含めて、それに包摂されている。[林 巨樹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とうよう‐かんじ タウヨウ‥【当用漢字】
〘名〙 昭和二一年(一九四六)に政府が国語審議会の答申を採用して告示した「当用漢字表」に収める一八五〇字の漢字。現代国語を書き表わすために日常使用する漢字の範囲を示したもの。のち、「当用漢字音訓表」「当用漢字字体表」また、そのうち特に、義務教育の期間に読み書きともに指導すべき範囲として「当用漢字別表(教育漢字)」が定められた。同五六年(一九八一)には九五字を追加した「常用漢字表」に改められた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

当用漢字」の用語解説はコトバンクが提供しています。

当用漢字の関連情報

関連キーワード

マキノ雅広キング・クリムゾンイタリア映画新日本文学生活保護戦争放棄トルンカホログラフィック・アートマンキウィッツミネリ(Vincente Minnelli)

他サービスで検索

「当用漢字」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.