Rakuten infoseek

辞書

当局【トウキョク】

デジタル大辞泉

とう‐きょく〔タウ‐〕【当局】
ある仕事や任務を処理する立場にあること。また、その機関や人。「学校当局の説明」「外務当局の発表」
行政上当該する関係官庁をそれとなくさす語。「当局のお達しにより」
郵便局など「局」と名のつく機関で、その局をさす

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

とうきょく【当局】
ある事を処理する任務に当たること。また、その人や機関。 「 -者しや」 「大学-」
行政上の任務・責任を負う関係機関。 「 -の発表」 「警察-」
(郵便局などをさして)この局。私どもの局。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とう‐きょく タウ‥【当局】
〘名〙
① その事を処理する任務を持つこと。また、その人やその機関。〔新令字解(1868)〕
※東京朝日新聞‐明治四〇年(1907)五月一日「会社当局の言ふ所によれば暴動の原因と認む可きものは殆どなし」 〔宋書‐王微伝〕
② その時の政務の重要な地位にあること。また、その人。要路。当路。
※妾の半生涯(1904)〈福田英子〉二「優柔なる当局及び惰民の眠を覚し」
③ 碁盤に向かって勝負を争うこと。対局。
※五山堂詩話(1807‐16)二「為当局自効者、一種有傍観袖手妄詆訶人

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

当局」の用語解説はコトバンクが提供しています。

当局の関連情報

他サービスで検索

「当局」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.