Rakuten infoseek

辞書

弾薬【ダンヤク】

デジタル大辞泉

だん‐やく【弾薬】
弾丸とそれを発射するための火薬の総称。「弾薬庫」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だんやく【弾薬 ammunition】
狭義には拳銃小銃大砲などの火器火砲から発射されるものをいう。広義にはこのほか,爆弾,ミサイルロケット弾など軍事的に敵に向かって投射または発射されるあらゆる飛翔体をいい,さらにすべての爆発物,爆発装置,火工品をさすこともある。以下ではおもに最も狭義の場合について述べる。 一般に,口径20mm未満の火器に使用される弾薬を小火器弾薬,20mm以上の口径のものに使用される弾薬を火砲弾薬という。いずれも火薬の力で発射され,人員殺傷,車両や艦艇器材の破壊,航空機の撃墜などに用いる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だんやく【弾薬】
弾丸と火薬。また、弾丸と発射薬。 -庫

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だん‐やく【弾薬】
〘名〙 弾丸とそれを発射するための火薬。弾丸と火薬の総称。たまぐすり。
※兵士懐中便覧(1868)〈福沢諭吉訳〉「或は弾薬武器を棄て或は職分を忘れて敵の物を掠奪したる者」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弾薬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

弾薬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.