Rakuten infoseek

辞書

弾力【ダンリョク】

デジタル大辞泉

だん‐りょく【弾力】
外力が加わって変形した物体が、もとの形に戻ろうとする力。
圧迫をはね返そうとする力。また、事情や状態に応じるために自在に変化できる力。「計画に弾力をもたせて考える」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

だんりょく【弾力】
外力を加えられ変形した物体が、外力に抗して元の形に戻ろうとする力。はねかえす力。はずむ力。
融通のきくこと。受容力。 「 -をもたせて計画を練る」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だん‐りょく【弾力】
〘名〙
① 物体に外力が働いて体積や形が変わるとき、物体内に生じる、原形にもどそうとする抗力。
※暦象新書(1798‐1802)中「原文にはヘールカラクと云り、カラクとは力なり、ヘールは鉄を鍛して延たるを巻たるを云り、能物を弾ずるの力なるが故に、今は弾力と名く」
※暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉一「それからは弾力(ダンリョク)を失ったゴム糸のやうに間抜けてゆるく」 〔酉陽雑俎〕
② 心に受ける圧迫をはねかえそうとする力。また、さまざまな状況や変化に適応できる柔軟な性質。
※河霧(1898)〈国木田独歩〉「何等の弾力(ダンリョク)ある者を感じなくなった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弾力」の用語解説はコトバンクが提供しています。

弾力の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.