Rakuten infoseek

辞書

強膜【きょうまく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

強膜
きょうまく
sclera
眼球の最外壁となる結合組織性のじょうぶな膜で,いわゆる白眼の部分をいう。ただし,強膜には2つの穴があり,前方の穴には透明な角膜 (黒眼の部分) がはめ込まれていて,それらの表面は結膜でおおわれている。また強膜後方の穴からは視神経が出ている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょう‐まく〔キヤウ‐|キヨウ‐〕【強膜/×鞏膜】
眼球の後部約6分の5を覆う白色の厚く強靭な線性の膜。前方は角膜に連なる。結膜を透かして白目として見える。白膜

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

強膜
 眼球の形状を保つ膠原線()維の組織.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうまく【強膜 sclera】
かつては鞏膜とも書いた。角膜とともに眼球の外壁を構成する強靱(きようじん)な膜。いわゆる白眼(しろめ)は強膜の一部である。直径約24mmの球状で,前方は角膜に連なり,後方は外側強膜が視神経鞘に連なる。厚さは視神経周囲で最も厚く1.0mmあるが,眼筋の付着部の筋肉下では0.3mmと薄い。組織学的には,角膜実質と同様コラーゲン繊維からなるが,その太さは300~3000Åと不ぞろいであり,走行も不整のため,透明性がない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

強膜
きょうまく
眼球の外壁の大部分を占める白色不透明な膜で、いわゆる白目は透明な球結膜を通してこの膜がみえることによる。前方は透明な角膜に移行し、後方は視神経によって貫かれている。組織の大部分は膠原線維(こうげんせんい)からなり、間を埋める基質はコンドロイチン硫酸を含む。厚さは約1ミリメートルであるが、4本の直筋が付着する部分では約0.3ミリメートルと薄い。以前は鞏膜という字が使われた。[内田幸男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

強膜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

強膜の関連情報

他サービスで検索

「強膜」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.