Rakuten infoseek

辞書

強心配糖体【きょうしんはいとうたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

強心配糖体
きょうしんはいとうたい
cardiac glycoside
心臓の収縮力を強化する,いわゆる強心作用をもつ一群ステロイド体。ジギタリスジギトキシン,ギトキシンなど,キョウチクトウ科Strophanthus gratusから得られるウワバイン (g-ストロファンチン) ,ユリ科などの植物のアドニトキシン,シラレンなど,各種植物から得られるものがある。配位している糖には固有のものもあり,たとえばジギトキシンには3分子のジギトキソースが3分子結合している。これら配糖体の糖を除いた部分,すなわちアグリコン部分はゲニンと総称され,個々の場合にはジギトゲニン,ウワバゲニンなどと呼ぶが,これらゲニンも一般に強心作用をもち,原配糖体よりかえって強力なこともある。ガマ毒の強心作用物質ブフォタリンもゲニンの構造をもつ。ジギトキシンなどは慢性,ウワバインは急性の症状に対して用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうしんはいとうたい【強心配糖体】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

強心配糖体
きょうしんはいとうたい
強心作用をもつ配糖体で、心不全の治療薬として重要である。ジギタリス類の葉からとるジギタリス配糖体がもっとも有名で、ジギトキシン、ジゴキシン、ラナトシドC、デスラノシド、メチルジゴキシンがある。そのほか海葱(かいそう)(ユリ科のカイソウの鱗茎(りんけい))の配糖体であるプロスシラリジン、キョウチクトウ科のストロファンツス類の種子の配糖体G‐ストロファンチンがその代表的な薬剤である。
 おもな薬理作用としては、心筋収縮力の増強、心拍動数の減少、房室間刺激伝導の阻止があり、そのほか利尿作用、催吐作用も有する。強心配糖体は安全域が狭く、感受性も個人差が大きい。過量に投与すると、吐き気、頭痛、不整脈などの中毒症状を呈する。[幸保文治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

強心配糖体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

強心配糖体の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.