Rakuten infoseek

辞書

強制疎開【きょうせいそかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

強制疎開
きょうせいそかい
第2次世界大戦末期,大都市の防衛強化のためにとられた一連政策。都市の重要施設,幼児老人学童などが農村地方に強制的に疎開させられた。 1943年9月に官庁の地方疎開方針が出され,同 12月には都市疎開要綱が決定された。 44年1月 26日,内務省は,東京,名古屋の指定区域内の建築物に対して疎開命令を出し,3月には一般的建物人員,施設の疎開が促進された。また6月には,大都市のすべての学童に対する強制疎開が実施された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょうせい‐そかい〔キヤウセイ‐〕【強制疎開】
空襲や火災などの被害を少なくするため、建造物や人などを強制的に比較的安全な他の地域へ移動させること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きょうせいそかい【強制疎開】
空襲や火災の被害を少なくするため、前もって強制的に住民の全部または一部を比較的安全な他の土地に移らせること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょうせい‐そかい キャウセイ‥【強制疎開】
〘名〙 空襲、火災などの被害を少なくするために、建造物や人などを所有者や本人の意思とはかかわりなく、分散させること。
※深夜の酒宴(1947)〈椎名麟三〉一「それが強制疎開のときの取りこわし材なので何とも救いようがないのだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

強制疎開」の用語解説はコトバンクが提供しています。

強制疎開の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.