Rakuten infoseek

辞書

強制和議【きょうせいわぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

強制和議
きょうせいわぎ
Zwangsvergleich; enforced settlement
破産手続において,破産者と破産債権者との協定によって配当に代わる弁済方法を定めること。破産的清算が破産債権者にとって必ずしも利益にならないことから,破産者の経済的立ち直りを助けて債権の回収をはかることを目的とした。手続きとしては,破産者が和議の提供をなし,債権者集会において特別多数の賛成可決されれば成立し,裁判所がこれに対して認可決定をすれば効力を生じた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょうせい‐わぎ〔キヤウセイ‐〕【強制和議】
旧法において、破産手続きで、配当に代わる弁済方法として、破産者の提供する和議条件を債権者の法定多数で可決し、裁判所の認可によって手続きを終了させること。平成12年(2000)の民事再生法施行に伴い和議法が廃止され、強制和議の制度は廃止された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうせいわぎ【強制和議】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きょうせいわぎ【強制和議】
破産手続きにおいて、配当に代わる弁済方法を破産者が提示し、債権者の法定多数の可決により手続きを終結させること。不賛成者をも拘束するところからこの名がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

強制和議
きょうせいわぎ
旧破産法上の破産手続。旧破産法は、破産宣告の後に、債務の額、支払いの方法などにつき、破産者と債権者とが互いに譲歩して、本来の債権額、支払い方法などと異なるものを定めることによって、破産手続を終結させる破産法上の手続として、強制和議の制度を定めていた(旧破産法290条以下)。破産者・債権者納得のうえで、安価で迅速な、また、破産者にとっては経済的更生を、債権者にとっては有利な配当を得ることの可能な制度として、存在した。この制度は、2004年(平成16年)の破産法改正に伴い廃止された。[本間義信]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょうせい‐わぎ キャウセイ‥【強制和議】
〘名〙 破産手続の途中で債権者と破産者が互いに譲歩し、配当以外の方法によって破産手続を終結させること。破産者に再起の機会を与え、債権者にも配当より有利な利益を与えようとする制度。
※破産法(1922)二九〇条「破産者は何時にても強制和議の提供を為すことを得」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

強制和議」の用語解説はコトバンクが提供しています。

強制和議の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.