Rakuten infoseek

辞書

強い相互作用【つよいそうごさよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

強い相互作用
つよいそうごさよう
strong interaction
自然界に実在する粒子の間に働く最も強い相互作用で,作用の到達距離は 10-15m の程度である。この相互作用を行う非常に多種類の中間子やバリオンをハドロンと総称する。たとえば,核子を結合して原子核をつくる核力はπ中間子など多種類の中間子と核子との強い相互作用から生み出され,それらの相互作用の強さは1の程度である。この相互作用は,荷電共役変換,空間反転,時間反転に関して不変であり,アイソスピンストレンジネスチャームなどの香り量子数を保存し,近似的にSU(3)対称性を満たす。ハドロンはクォークグルーオンの交換を通じて結合する複合粒子系であり,ハドロン間の強い相互作用は本質的には量子色力学により支配される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

つよい‐そうごさよう〔‐サウゴサヨウ〕【強い相互作用】
自然界に存在する四つの基本的な力(相互作用)の一。名称は、電磁相互作用の約100倍の強さをもつことに由来する。原子核内の核子同士を結びつける核力を指し、グルオンハドロン同士にはたらく力を媒介する。これらの相互作用は量子色力学により説明される。強い力

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つよいそうごさよう【強い相互作用】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

つよいそうごさよう【強い相互作用】
素粒子のハドロンの間にだけ作用する力。素粒子の四つの基本相互作用のうちで最も強く、電磁相互作用の約100倍。例えば、パイ( π )中間子を媒介として核子間にはたらき、原子核を構成する核力を生成する。根源的にはハドロンを構成するクオーク間に働く力で、量子色力学によって扱われる。 → 量子色力学

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

強い相互作用」の用語解説はコトバンクが提供しています。

強い相互作用の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.