Rakuten infoseek

辞書

張(り)込み【ハリコミ】

デジタル大辞泉

はり‐こみ【張(り)込み】
(「貼り込み」とも書く)台紙などにはりつけること。また、そのもの。
ある場所に待機して見張ること。「張り込みの刑事」
一つの事に力を入れること。また、思い切って金を使うこと。
高圧的な言い方で人をやりこめること。また、その文句。
「たまたま親達が異見すると、大声をあげて―をくはせ」〈鳩翁道話・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

張込み
1958年公開の日本映画。松本清張の同名短編小説の映画化。監督:野村芳太郎、原作:松本清張、脚色:橋本忍、撮影:井上晴二。出演:大木実高千穂ひづる宮口精二高峰秀子田村高廣藤原釜足、松本克平ほか。第13回毎日映画コンクール脚本賞、第9回ブルーリボン賞脚本賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

張(り)込み」の用語解説はコトバンクが提供しています。

張(り)込みの関連情報

他サービスで検索

「張(り)込み」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.