Rakuten infoseek

辞書

張赫宙【ちょうかくちゅう】

世界大百科事典 第2版

ちょうかくちゅう【張赫宙 Chang Hyŏk‐chu】
1905‐1997
朝鮮の小説家。慶尚北道大邱生れ。大邱高等普通学校卒業。1932年《餓鬼道》が《改造》の懸賞に入選したのを機に朝鮮人として初めて日本文壇に登場した。被圧迫民族の怒りと抵抗を骨太な筆致で描いたが,39年《加藤清正》で自国への侵略者を英雄として賛美し,〈朝鮮の知識人に訴ふ〉,《岩本志願兵》などで日本帝国主義の〈皇民化〉政策担した。52年日本に帰化,筆名野口赫宙とした。作品集《権といふ男》(1934),長編《人間の》(1941),《嗚呼朝鮮》(1952)などがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

張赫宙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

張赫宙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.