Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

張網【ハリアミ】

デジタル大辞泉

はり‐あみ【張(り)網】
柱の間に網を張り、鳥やウサギを捕るもの。
川などに支柱や碇(いかり)で袋網を固定して張り、魚を捕る。また、定置網のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はりあみ【張網】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

張網
はりあみ

網漁具の一種。細長い袋網(ふくろあみ)部(魚捕部)、または袖網(そであみ)部を加えた2部から構成されている。小型の定置網で、河川・湖沼または浅海の水底に漁具を沈めて水平に敷設し、袋網部を水流の速い魚道を選んで支柱または錨(いかり)で固定し、流れとともに袋網部に入った魚をとるようにしたものが多い。樫木(かしき)網、長袋(ながぶくろ)網などがそのおもなもので、漁獲物は、海ではエビ、アミ、小魚類、河川・湖沼ではサケ・マス類、ワカサギ、コイ、フナ、ウナギなどである。

[笹川康雄・三浦汀介]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はり‐あみ【張網】
〘名〙
① 漁網の一つ。一定の海面に支柱やいかりなどで固定させ、その間に張り渡して、回游する魚群などを捕えるようにした網。また、その漁法。定置網。〔漁業法施行規則(明治三五年)(1902)〕
② 猟具の一つ。左右に支柱を立て、その間に網を張り渡して、鳥獣などを捕えるようにしたもの。また、その猟法。霞網・鴨網・雉(きじ)網・兎網などがある。
※俳諧・桃青門弟独吟廿歌仙(1680)館子独吟「生牲(にへ)に鷽(うそ)姫とられ給ひけり はり網なひく天のむら雲」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

張網」の用語解説はコトバンクが提供しています。

張網の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.