Rakuten infoseek

辞書

張先【ちょうせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

張先
ちょうせん
Zhang Xian
[生]淳化1(990)
[没]元豊1(1078)
中国,北宋の詞人。烏程 (浙江省) の人。字,子野。天聖8 (1030) 年進士に及第。長安の知事晏殊 (あんしゅ) に招かれその通判になるなど,地方官を歴任。嘉祐6 (61) 年 72歳で都官郎中になり3年後辞任して郷里に帰ってしまった。在任中から名利には淡泊で風雅の生活をおくり,晏殊,欧陽修,王安石,蘇軾 (そしょく) らと交わって作を楽しんだ。詞風は清新で,また非常に多種詞牌を用いる点に特色があり,若干の慢詞 (長編) をすでに含み,柳永とともに,北宋初期までの艶麗を競う詞風を破った。詞集『張子野詞』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうせん【張先】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

張先
ちょうせん
(990―1078)
中国、北宋(ほくそう)の官僚文人、詞人。字(あざな)は子野(しや)。湖州烏程(うてい)(浙江(せっこう)省呉興)の人。1030年(天聖8)欧陽修(おうようしゅう)とともに進士に及第し、各府州の通判(準知事)や知事を歴任、都官郎中の位で隠退した。晩年は杭州(こうしゅう)(浙江省)で蘇軾(そしょく)(東坡(とうば))などと交わり、風雅の生活を楽しんで89歳の長寿を保った。唐代に始まる歌辞文芸「詞」において、日常生活を淡々と詠ずる新しいスタイルを確立、また和韻の詞をはやらせるなど、文人詞の流行の先駆けとなった。詞集に『張子野詞』二巻がある。[村上哲見]
『中田勇次郎著『漢詩大系24 歴代名詞選』(1965・集英社) ▽村上哲見著『中国詩文選21 宋詞』(1973・筑摩書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

張先」の用語解説はコトバンクが提供しています。

張先の関連情報

関連キーワード

現在価値正暦ウカイル朝式量造幣局日本年号一覧TOEFLとTOEIC公益法人改革日本航空国の教育ローン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.