Rakuten infoseek

辞書

張仲景【ちょうちゅうけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

張仲景
ちょうちゅうけい
Zhang Zhong-jing; Chang Ch`ung-ching
中国,後漢医者。名は機。献帝の建安年間 (196~221) に長沙太守となった。その頃一族熱病が多発し,その観察と診療の経験から,発汗嘔吐瀉下を対策の基本とする『傷寒論』 (16巻) を残した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうちゅうけい【張仲景】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちょうちゅうけい【張仲景】
中国、後漢の医家。「傷寒雑病論」(後に「傷寒論」と「金匱要略」として伝わる)を著したといわれる。生没年未詳。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

張仲景
ちょうちゅうけい
生没年不詳。2世紀中ごろから3世紀初めごろの中国の医家。『傷寒論』『金匱要略(きんきようりゃく)』の著者であり、中国医学における医方の祖、医聖とされる。名は機、字(あざな)が仲景。南陽(河南(かなん/ホーナン)省)の人。正史に伝記はないが、後漢(ごかん)の何(かぎょう)の別伝に「が同郡の張仲景をみて、君はのちに良医となるであろうといった」とある。医学を同郡の張伯祖に学び、治療に優れ、とくに経方に精通していた。後漢の霊帝(在位168~189)のときに孝廉(こうれん)にあげられ、のちに長沙(ちょうさ)太守となる。都の洛陽(らくよう)にいたときは名医といわれた。当時、疫病が流行し多くの人が罹病(りびょう)し死亡したが、『傷寒論』の自序で、「宗族は二百余人いたが建安元年(196)以来、10年もたたずに3分の2が死亡した。その10分の7は傷寒であった。天寿を全うできないのは痛ましい。これを救うために古訓を求め、広く衆方をとり、素問・九巻・八十一難・陰陽大論・胎臚(たいろ)薬録ならびに平脈・弁脈を選用して傷寒雑病論十六巻をつくった」と述べている。[山本徳子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐ちゅうけい チャウ‥【張仲景】
二世紀後半の中国、漢末の医者。名は機、仲景は字(あざな)。長沙(湖南省)の長官だったといわれ、当時の医療法を伝える「傷寒雑病論」を著わす。生没年未詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

張仲景」の用語解説はコトバンクが提供しています。

張仲景の関連情報

他サービスで検索

「張仲景」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.