Rakuten infoseek

辞書

【ジャク】

デジタル大辞泉

じゃく【弱】
[名]よわいこと。また、よわいもの。「こたつの目盛りをにする」「アルカリ性」⇔
[接尾]端数を切り上げたとき、数を表す語の下に付けて用いる。「五〇〇人の聴衆」「二〇万円の給料」⇔

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゃく【弱】[漢字項目]
[音]ジャク(漢) ニャク(呉) [訓]よわい よわる よわまる よわめる わかい
学習漢字]2年
〈ジャク〉
よわい。「弱者弱小弱震弱点虚弱強弱衰弱脆弱(ぜいじゃく)惰弱軟弱柔弱薄弱微弱病弱貧弱文弱幼弱
わかい。「弱冠弱年弱輩
〈よわ〉「弱気弱火気弱腰弱年弱
[難読]弱竹(なよたけ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じゃく【弱】
[1] ( 名 )
よわいこと。 ⇔
( 接尾 )
数量を表す名詞に付いて、端数を切り上げた数字であることを表す。足らず。 ⇔ 「二か月-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゃく【弱】
[1] 〘名〙
① よわいこと。また、そのもの。⇔
※文明本節用集(室町中)「以寡勝衆者恩也、以(ジャク)強者民也〔三略〕」 〔礼記‐祭義〕
② 二〇歳の異称。二〇歳前後の年な男子。
※随筆・折たく柴の記(1716頃)下「凡そ人の幼といひ、弱といひ、壮といひ、強といひ、艾(かい)といひ、耆(き)といひ、老といひ、耄(ばう)といふ」 〔礼記‐曲礼〕
③ 年齢が少ないこと。いとけないこと。幼少。〔史記‐周本紀〕
[2] 〘接尾〙 ある数の端数を切り上げたとき、示す数よりは少し、不足があることをいうために、数字のあとに付けて用いる。⇔
※続俳諧師(1909)〈高浜虚子〉五三「月末の計算が二十円弱(ジャク)の損失」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆわ・い【弱】
〘形口〙 ゆわ・し 〘形ク〙 「よわい(弱)」の変化した語。〔名語記(1275)〕
※玉塵抄(1563)一「男はつをうてかち、女はゆわうてまくるぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よわ・い【弱】
〘形口〙 よわ・し 〘形ク〙
① 強い力や勢いがない。勢力が強くない。
※書紀(720)雄略五年二月(前田本訓)「舎人。性(ひととなり)懦弱(をちなくヨワク)して樹に縁(よ)りて失色(おむあやま)りて」
※太平記(14C後)二二「敵返さば堪て弱(ヨハキ)を凌げ」
② 強度が足りない。こわれやすい。もろい。
※和英語林集成(初版)(1867)「Yowai(ヨワイ) ナワ」
③ 劣っている。欠点がある。
※徒然草(1331頃)一八六「乗るべき馬をば、まづよく見て、強き所、弱き所を知るべし」
④ 意志が堅固でない。心がぐらつきやすい。気持がしっかりしていない。
源氏(1001‐14頃)柏木「すこしよはき所つきて、なよびすぎたりしけぞかし」
⑤ 身体が丈夫でない。健康でない。体力がない。
※古今(905‐914)哀傷・八五八・詞書「女にはかにやまひをしていとよはくなりにける時」
⑥ 物事の度合が小さい。他を刺激する程度が少ない。
※濁った頭(1911)〈志賀直哉〉六「冬の弱い日光にすら」
⑦ ある物事に耐えたり、積極的に立ち向かったりする力に乏しい。抵抗しにくい。「そういわれると弱い」
※冬の宿(1936)〈阿部知二〉七「あのときは、あなたの体がもう疲れてしまってゐたからですよ。車には弱いやうだし」
⑧ 効力がうすい。
※ある小官僚の抹殺(1958)〈松本清張〉二「斡旋収賄では罪にならない。それに沖村喜六の自供だけではいかにも弱い」
⑨ ある事柄について不案内である。にがてだ。
※校正おそるべし(1959)〈加藤康司〉聞き違い、見違い、思い違い「このごろちまたでは、『おれは女の子にはヨワイ』とか、『ぼくはフランス語にはまったくヨワイんだ』とかいう使い方が盛んにおこなわれている」
⑩ 取引市場で、相場が下落気味のさま。
よわ‐が・る
〘自ラ四〙
よわ‐げ
〘形動〙
よわ‐さ
〘名〙
よわげ‐さ
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よわ・し【弱】
〘形ク〙 ⇒よわい(弱)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よわ‐ま・る【弱】
〘自ラ五(四)〙 力や程度が次第に弱くなる。だんだん勢いが衰える。
※めぐりあひ(1888‐89)〈二葉亭四迷訳〉一「遙か遠方まで美音が響き渡って〈略〉処々方々で弱まったり絶え絶えになったりして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よわ‐・む【弱】
〘他マ下二〙 ⇒よわめる(弱)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よわ‐・める【弱】
〘他マ下一〙 よわ・む 〘他マ下二〙 弱くする。力や勢いを衰えさせる。よわます。
史記抄(1477)五「一になって、秦をよわめうとするぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よわら・す【弱】
〘他サ五(四)〙 弱るようにする。弱るようにしむける。
※信心録(ヒイデスの導師)(1592)二「Sancto ノ ゴシンヂュウ ノ ツヨサ ワ youaraxi(ヨワラシ) タテマツル コト モ カナワズ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よわり【弱】
〘名〙 (動詞「よわる(弱)」の連用形の名詞化) 弱ること。衰えること。
※虎明本狂言・居杭(室町末‐近世初)「大水出ればつつみのよはり」
※俳諧・桃の実(1693)「君はみなみな撫子の時〈芭蕉〉 泣出して土器ふるふ身のよはり〈兀峰〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よわ・る【弱】
〘自ラ五(四)〙
① 病気や疲労などで身体が弱くなる。衰弱する。⇔強る
※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)八「衆生は光色減し、勢力尽く衰(つひ)に微(ヨワ)りなむ」
※源氏(1001‐14頃)若紫「かのあまうへ、いたうよわり給にたれば、なに事もおぼえず」
② 勢いが衰える。かすかになる。⇔強る
※後拾遺(1086)秋上・二七二「秋風に声よはり行くすず虫のつひにはいかがならんとすらん〈大江匡衡〉」
③ 気力が衰える。心細くなる。また、抵抗しにくくなる。⇔強る
※源氏(1001‐14頃)夕霧「あさましきことをよわれる御心ちに、うたがひなくおぼししみて」
④ 困る。困却する。迷惑する。
洒落本・客者評判記(1780)実悪之部「はだをぬぐと、かこ字や、女の首がほってあるにはよわらせる」
⑤ 魚肉などの鮮度が落ちる。
浮世草子日本永代蔵(1688)二「弱(ヨハリ)し鯛の腹に針の立所」
[語誌]上代には見えず、中古に入ってから、主として散文で用いられ、院政期以降は和歌にも見られるようになった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

弱の関連情報

他サービスで検索

「弱」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.