Rakuten infoseek

辞書

弱い相互作用【よわいそうごさよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

弱い相互作用
よわいそうごさよう
weak interaction
電磁相互作用のほぼ 1000分の1の強さをもち,光子と重力子以外のすべての素粒子が関与する相互作用。弱い相互作用と電磁相互作用を統一したワインバーグ=サラムの理論で記述される。弱い相互作用は質量約 90GeV/c2ゲージボソン ( W+,W-,Z ) の交換で生じ,到達距離約 2×10-18m の短距離である。β崩壊やハイペロン,μ粒子,π中間子,K中間子などの崩壊を引き起こす。弱い相互作用は,空間反転,時間反転,荷電共役変換のすべてに関して不変でなく,アイソスピン,ストレンジネス,チャーム,ボトム等の香り量子数の保存則を破る。1930年ウォルフガング・パウリはβ崩壊でのエネルギー保存則を満たすためにニュートリノを導入し,1934年にはエンリコ・フェルミによりβ崩壊の理論が提出された。1956年李政道と楊振寧はパリティ非保存を提唱し,ただちに実験で確かめられた。さらに,1964年にはバル・ログスドン・フィッチとジェームズ・ワトソン・クローニンが CPの破れ (時間反転の破れ) を発見。1973年小林誠益川敏英は 6番目のクォーク (トップクォーク) を導入して,CPの破れをワインバーグサラムの理論の枠内で記述する理論を提出した。これが今日の標準理論となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

よわい‐そうごさよう〔‐サウゴサヨウ〕【弱い相互作用】
自然界に存在する四つの基本的な力(相互作用)の一。名称は電磁相互作用の約10万分の1の強さしかないことから。β崩壊π中間子崩壊などを引き起こす。非常に質量が大きいウイークボソンにより媒介されるため、力の到達距離は極めて短い弱い力

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よわいそうごさよう【弱い相互作用】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

よわいそうごさよう【弱い相互作用】
素粒子の基本的相互作用の一。重力相互作用を除いて最も弱く、強い相互作用の約10の5乗分の1であるが、レプトンにもハドロンにも普遍的に作用し、 β 崩壊はその代表例である。クオークやレプトンの間で、ウイークボソンによって媒介される。 → ウイークボソン

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弱い相互作用」の用語解説はコトバンクが提供しています。

弱い相互作用の関連情報

関連キーワード

エイリク・ベラス ラルセンエイリク・ベラス ラルセンシャニー デービスジェレミー ウォザースプーンジェレミー ウォザースプーン重複保険アルノー トゥルナン濃度(化学)王 濛アポロ・アントン オーノ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.