Rakuten infoseek

辞書

【げん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


げん
string
弦楽器に使われる発音体としての動・植物製,金属製の糸。古くは絃とも書き,単に糸ともいう。また,弦楽器の略称としていう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げん【弦】
弓づる。
(「絃」とも書く)楽器に張り、はじいたりこすったりして音を出す糸。また、それを張った楽器。琴・三味線・バイオリンなどの弦楽器。
弓を張った形の月。半円形の月。弓張り月。弦月。
枡(ます)の上縁につけた四角形の鉄のさん。
数学で、円周または曲線上の二点を結ぶ線分。また、直角三角形斜辺

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げん【弦】[漢字項目]
常用漢字] [音]ゲン(呉) [訓]つる
〈ゲン〉
弓のつる。「鳴弦
(「」と通用)弦楽器の糸。糸を張った楽器。「弦歌弦楽管弦三弦調弦
半月。また、半月の両端を結んだ直線。「下弦初弦上弦
直角三角形の斜辺。「正弦余弦
〈つる(づる)〉「弦音弓弦
[名のり]いと・お・ふさ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つる【弦/×絃/×鉉】
弓に張りわたす糸。ゆみづる。ゆづる。
琴などの弦楽器に張る糸。
鍋(なべ)や土瓶などに弓形にかけわたした取っ手。「飯盒の―」
(「梁」とも書く)枡(ます)の上面に対角線に張り渡した鉄線

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

クレバー物産株式会社が展開する和食店のチェーン

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げん【弦】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

げん【弦】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げん【弦】
弓のつる。
げん」に同じ。
〘数〙
円周上、または一般に曲線上の二点を結ぶ線分。
古代中国および和算で、直角三角形の斜辺。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げん【弦】
〘名〙
① 弓づる。つる。また、つる鳴り。〔文明本節用集(室町中)〕〔儀礼‐郷射礼〕
② 琴、三味線、ギター、バイオリンなどの楽器に張って、弾(ひ)いたりこすったりすることによって音を出す糸、または針金。つる。いと。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉破調「弓が弦に触るるや否、微かに蕭(しめや)かなさうさうたる声は」 〔礼記‐楽記〕
③ =げん(絃)
④ 一升桝(ます)の上部の縁に付けた四角形の鉄のさん。
⑤ 弓を張った形の月。半円形の月。陰暦でひと月の七、八日頃の月を上弦、二二、三日頃の月を下弦という。弓張月。弦月
※俳諧・季引席用集(1818)「月の字指合たる時 弦 三五夜」 〔漢書‐律歴志上〕
⑥ 数学で、円周または曲線上の二点を結ぶ線分。〔五国対照兵語字書(1881)〕
和算で、直角三角形の斜辺。→勾股弦(こうこげん)。〔工学字彙(1886)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つら【弦】
〘名〙 弓のつる。ゆみづる。
※万葉(8C後)一四・三四三七「陸奥の安太多良真弓弾(はじ)きおきて反(せ)らしめきなば都良(ツラ)(は)かめかも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

弦の関連情報

他サービスで検索

「弦」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.