Rakuten infoseek

辞書

弦鳴楽器【げんめいがっき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

弦鳴楽器
げんめいがっき
chordophone
弦の振動によって発音する楽器総称。 E.ホルンボステルと C.ザックスが提起し,広く用いられている楽器の4分類法 (体鳴楽器,膜鳴楽器,鳴楽器,気鳴楽器) の第3類で,ツィター属,リュート属,リラ属,ハープ属に4大別される。ツィター属はの類で,共鳴胴の形状によって,棒型ツィター,管型ツィター,板型ツィターに分れ,ギリシアのリラやキタラに代表されるリラ属は,箱型リラと鉢型リラに分れる。また種類の多いリュート属は弾奏されるものと弓奏されるものに分れ,ハープ属は楽弓などの弓型ハープとヨーロッパやアッシリアのハープのような竪型ハープとに分れる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げんめい‐がっき〔‐ガクキ〕【弦鳴楽器】
弦の振動によって音を発する楽器の総称。構造によりリラ属・ハープ属・リュート属・チター属に、また、奏法により撥弦楽器擦弦楽器打弦楽器に分類される。弦楽器

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんめいがっき【弦鳴楽器】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げんめいがっき【弦鳴楽器】
楽器の分類用語。強く張った弦を衝撃(弾く・擦る・打つ)により振動させて音を発する楽器。いわゆる弦楽器のほか、ピアノなどが含まれる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

弦鳴楽器
げんめいがっき
chordophone 英語 フランス語
Chordophonドイツ語
ホルンボステル‐ザックスの楽器分類法(MHS方式)で、2点間に張られた弦で音を出す楽器。弦は2本以上のこともある。共鳴器をもたないか、または共鳴器が発音装置を損なうことなく取り外すことのできる「単純弦鳴楽器またはチター」(箏(そう)、楽弓、ピアノなど)と、胴と共鳴器とが有機的に結合して分離できない「複合弦鳴楽器」に二大分類される。さらに、前者は形状によって、棒状、筒型など六つの類のチターに、後者は弦面と響板の位置関係によって、リュート(バイオリン、三味線、リラなど)、ハープ(ハープ、ビルマのサウンなど)、ハープ・リュート(西アフリカのカッソなど)の3種に、それぞれ下位分類される。
 また、MHS方式とは別に、ザックスが『楽器の歴史』(1940)で用いた分類法があり、広く利用されている。これによると弦鳴楽器は、弦と胴体、共鳴体などの位置関係から、チター、リュート、リラ、ハープの四つの属に分類される。
 また奏法によって、弓奏弦楽器、撥弦(はつげん)楽器、打奏弦楽器などのように分類する方法も、しばしば慣習的に用いられている。[前川陽郁]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げんめい‐がっき ‥ガクキ【弦鳴楽器】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弦鳴楽器」の用語解説はコトバンクが提供しています。

弦鳴楽器の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.