Rakuten infoseek

辞書

弥生【やよい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

弥生
やよい
大分県南東部,佐伯市北東部の旧町域。九州山地北東部にある。 1956年明治村,上野村,切畑村の3村が合体して昭和村となり,1957年弥生村と改称。 1966年町制。 2005年佐伯市,宇目町,蒲江町,上浦町,鶴見町,本匠村,直川村,米水津村と合体し,佐伯市となる。北東部に彦岳,中部に尺間山,西部に椿山と,山地に囲まれたなかに番匠川の沖積地がある。米,シイタケを産する。上小倉に磨崖石塔,尺間神社などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弥生
やよい
東京都文京区東部の地区。 1884年有坂しょう蔵がこの地の貝塚から土器を発見,その後地名にちなんで「弥生土器」と呼ばれるようになったことで知られる。明治以後旧制第一高等学校がおかれ,その後は東京大学農学部となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いや‐おい〔‐おひ〕【弥生】
草木がますます生い茂ること。
「あづさ弓末野の草の―に春さへ深くなりぞしにける」〈新撰六帖・一〉
陰暦3月。やよい

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やよい〔やよひ〕【弥生】
《「いやおい」の音変化》陰暦3月の異称 春》「夕空の光つめたき―かな/万太郎

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やよい【弥生】[地名]
東京都文京区東部の地名。もと本郷区向ヶ岡弥生町東大農・工学部があり、弥生町貝塚の遺跡がある。→弥生土器

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

弥生
三月。イヤオイ(弥生。草木が生い茂ること)が変化したもの。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

やよい【弥生】
大分の日本酒。酒名は、初代当主の名「弥吉」の一字をとり命名。暖気樽(だきだる)や槽(ふね)など昔から伝わる器具を用いて酒を醸す。半世紀ぶりに復活した酒米神力を100%使用。純米吟醸酒、吟醸酒などがある。仕込み水は傾(かたむき)山系伏流水蔵元の「小椋酒造」は明治27年(1894)創業。所在地は佐伯市宇目大字小野市。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やよい【弥生】
鹿児島の黒糖焼酎。黄麹を使用し、仕込み、貯蔵とも甕壺を用いて造る。原料は黒糖、米麹。アルコール度数25%、30%、40%。蔵元の「弥生焼酎醸造所」は大正11年(1922)創業。奄美大島最古の蔵。所在地は奄美市名瀬小浜町。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

弥生
鹿児島県、合資会社弥生焼酎醸造所が製造する黒糖焼酎。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

弥生
正式社名「弥生株式会社」。英文社名「Yayoi Co., Ltd.」。情報・通信業。昭和53年(1978)創業。平成19年(2007)設立。本社は東京都千代田区神田紺屋町。ソフトウェア開発会社。業務用会計ソフト「弥生」シリーズなどを開発。中小・中堅企業、個人事業者向けに販売。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いやおい【弥生】
草木がさらに茂りまさること。 「あづさ弓末野の草の-に/新撰六帖 1
陰暦三月。いやおいの月。やよい。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やよい【弥生】
陰暦三月の異名。 [季] 春。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やよい【弥生】
東京都文京区にある地名。旧本郷区向ヶ岡弥生町。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔東京都〕弥生(やよい)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔福岡県〕弥生(やよい)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弥生」の用語解説はコトバンクが提供しています。

弥生の関連情報

他サービスで検索

「弥生」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.