Rakuten infoseek

辞書

弥生土器【やよいどき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

弥生土器
やよいどき
縄文土器のあとに続き,古墳時代土師器 (はじき) や須恵器より古い土器弥生時代を通じて製作,使用された。現在の東京都文京区弥生から発見された壺形土器にちなんで名づけられた。当初は「弥生式土器」と呼ばれたが,総括的名称である縄文土器にならって弥生土器と呼ばれるようになった。一般的に,壺形,形,高坏など,用途によって異なる器形をもち,胎土は精選されていない。前期,中期,後期に3大別され,さらに細別されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やよい‐どき〔やよひ‐〕【弥生土器】
弥生文化の土器。東京都の弥生町貝塚で発見された土器が機縁となって命名。セ氏600~800度程度で焼成した赤焼き軟質土器で、貯蔵用の壺、深鍋としての甕(かめ)、盛りつけ用の鉢・高坏(たかつき)などがある。西日本のものは簡素な装飾をもち、東日本では縄文や曲線文様を複雑に飾る。弥生式土器。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

弥生土器
 縄文土器と同じ素焼きの土器で、東京の弥生町[やよいちょう]遺跡から見つかったことにちなんで、この名前になりました。貯蔵用の壺[つぼ]・煮るための甕[かめ]・盛りつけ用の高杯[たかつき]が主な器種です。北部九州では大きな甕をお墓として使っています。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やよいどき【弥生土器】
弥生文化に用いられた軟質,赤焼きの土器。縄文土器に後続し,古墳時代の土師器(はじき)に先行する。1884年に東京本郷の弥生町向ヶ丘貝塚(弥生町遺跡)で採集された土器がもとになって,90年代から〈弥生式土器〉の名称が生まれた。最近では,細別するときに加曾利B式,遠賀(おんが)川式など〈式〉をつけるほうが明快だという考えから,総称としては〈式〉を抜いて〈縄文土器〉〈弥生土器〉の名が使われる。なお近年までは,冒頭に掲げた定義とまったく逆に,〈弥生式土器〉の行われた文化・時代を弥生文化,弥生時代と呼んできた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やよいどき【弥生土器】
〔1884年(明治17)東京都文京区の弥生町貝塚で最初に出土したところから命名〕
素焼きの土器の一種。焼成温度は縄文式土器よりも高く、赤色を呈し、薄手。櫛目文ないし無文が多く、口広の壺や、高坏たかつき・甕かめ・鉢などがある。弥生式土器。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

弥生土器
やよいどき
弥生文化の土器。東京都文京区弥生町の向ヶ丘貝塚から採集された土器が機縁となって命名された。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弥生土器」の用語解説はコトバンクが提供しています。

弥生土器の関連情報

他サービスで検索

「弥生土器」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.