Rakuten infoseek

辞書

弟・乙【おと】

大辞林 第三版

おと【弟・乙】
同性の兄弟(姉妹)の年下の者の意
兄から見たおとうと。また、姉から見たいもうと。 ⇔ 父母がなしのまにまに箸はし向かふ-のみことは/万葉集 1804
末子。一番下の子。 姉が手を引く-は抱く、中はてて親肩くまに/浄瑠璃・油地獄
乙御前おとごぜに同じ。
接頭
名詞に付く。
兄弟姉妹のうちで、年が若い、幼い、末の、などの意を表す。 -おじ -ご
若く美しい、かわいい、などの意を表す。 -たなばた(乙棚機) -たちばなひめ(弟橘媛)
[句項目] 弟は血の緒

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おと【弟・乙】
[1] 年下の者を表わす。
① きょうだいの関係にある者で年下の者。父母とも同じである必要はなく、また、男女にかかわらずいう。弟または妹。⇔兄(え)
※古事記(712)上「唯其の弟(おと)木花之佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)のみを留めて」
② 長子でない子をいう。特に末子をいうことが多い。おとご。
※幸若・和泉が城(室町末‐近世初)「五人はなむしにて乙はひめにてぞ候ひける」
③ 若い娘の通称。
※虎明本狂言・枕物狂(室町末‐近世初)「『いひや、そのややがむすめに、おとといふてあるは』『扨はそのおとでござるか』」
[2] 〘接頭〙 年若い者の意を表わす。
① 人を表わす語、または人名に付けて、年下の、末の、次の、などの意を表わす。「おと叔父」「おとご(弟子)」
② (人名または人を表わす語の上に付けて) 美しい、または愛する、かわいいの意をそえる。「おとたちばなひめ(弟橘媛)」「おとたなばた(弟棚機)」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弟・乙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

弟・乙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.