Rakuten infoseek

辞書

【イン】

デジタル大辞泉

いん【引】
漢文の文体の名。序の類で短いもの。はしがき。
俳諧で、本文を導き出すための句。
楽府(がふ)の一体。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いん【引】[漢字項目]
[音]イン(呉)(漢) [訓]ひく ひける
学習漢字]2年
〈イン〉
こちらへひき寄せる。ひっぱる。「引見引力吸引牽引(けんいん)勾引(こういん)強引(ごういん)
ひき伸ばす。「延引
連れていく。「引率引導誘引
後方にひき下がる。「引退
身にひき受ける。「引責承引
必要な例を取り出す。「引用引例援引索引博引旁証
〈ひき(びき)〉「忌引字引手引友引福引孫引万引水引股引(ももひき)割引
[名のり]のぶ・ひき・ひさ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いん【引】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いん【引】
漢文文体の一。本文を引き出す短い序。
俳諧で、本文の前におかれる句や短文。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いん【引】
〘名〙
漢文文体の名。本文を引きだすための短めの序。
※南郭先生文集‐三編(1745)九「講四子引」 〔文体明弁‐引〕
俳諧で本文を導きだすための句や短い文。〔俳諧・本朝文選(1706)〕
③ 昔の中国における楽曲の名称。また、それに合わせた歌詞である楽府(がふ)の題名に用いられる。箜篌引(こうこういん)など。
※南郭先生文集‐三編(1745)一「観芙蓉図引」 〔文体明弁‐楽府〕
④ 来世の果報を引き起こすべき力のある所業。引業(いんごう)
雑談集(1305)五「業に引(イン)と満とあり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひかさ・る【引】
〘自ラ下二〙 ⇒ひかされる(引)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひかさ・れる【引】
〘自ラ下一〙 ひかさ・る 〘自ラ下二〙
① 心が引きつけられる。思い切れない。ほだされる。引かれる。
※歌仙本元輔集(990頃)「谷ふかくしづむたとひにひかされて老いぬる松は人も手ふれず」
② 相場が予想に反したため、売買建玉(たてぎょく)が損失勘定となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひかし【引】
〘形シク〙 (四段動詞「ひく(引)」の未然形に、形容詞を作る接尾語「し」が接した上代語) 引きたい。引き留めるようだ。
※万葉(8C後)一四・三四三一「足柄(あしがり)の安伎奈の山に引こ船の尻比可志(ヒカシ)もよここばこがたに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひき【引】
[1] 〘名〙 (動詞「ひく(引)」の連用形の名詞化)
[一]
① 引っぱること。「綱引き」「車引き」のように、多く複合して用いられる。
② 引っぱる力。引き込む力。
※物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〈山口鋭之助〉「宇宙ノ引キ」
※医師高間房一氏(1941)〈田畑修一郎〉三「彼等のうちの一人の竿が、突然強い引きを伝へて」
③ 引く力に耐える力。特に紙などの腰が強いこと。「引きのある紙」
④ 謡曲の節の一つ。一音節を基本より長く引いて謡うこと。また、その符号。
⑤ (多く「おひき」の形でいう) 「ひきでもの(引出物)」の略。
※高野山文書‐(文祿元年(1592)か)四月五日・興山上人応其書状「猶々御使へも、我等へも、御ひきを被下候」
[二]
① 率いること。導き。手引き。案内。
※万葉(8C後)六・一〇四七「新世の 事にしあれば 大君の 引(ひき)のまにまに 春花の うつろひかはり」
② 特別に目をかけて便宜をはかること。
(イ) 好意。ひいき。力添え。
※落窪(10C後)二「おもしろの駒はいかに。此のごろ年かへらば、御ひきにて白馬に出し給へ」
(ロ) 頼り。つて。縁故。得意先。また、縁故などによるひき立て。立場上、あてにできるもの。
※落窪(10C後)二「かの中納言殿の少納言、かく落窪の君とも知らで、辨の君がひきにて参りたり」
③ 歩行の助けとしてすがる綱。引き綱の類。
※今鏡(1170)五「かちよりおはしますさまにて、御輿の綱を長くなされたりしにや、ひきにしなしてかかれてぞ、末ざまはおはしましける」
④ 「ひきあわせ(引合)⑥」の略。ひきあわせがみ。
※海人藻芥(1420)「将軍家にも、女房達皆異名を申す〈略〉引合をばひきと申也」
[三] 数量の差引き。減法。
(イ) 江戸時代、田畑の貢租を減除すること。一年限のものを一作引といい、長期のものを年々引、連々引という。
※地方凡例録(1794)六「石盛違引〈略〉勿論地不足無地だか石盛違の分、古検新検石盛の差ひにて引に立たる分は」
(ロ) さいころ博打(ばくち)で、三または四個のさいころの目の合計数から、規定の数を差引いた数をいう。
※随筆・独寝(1724頃)下「筒目(どうめ)、なり目などありて、此引をつくるといふ事」
(ハ) 値引き。値下げ。「三割引(び)き」「百円引(び)き」
[四] 後ろへさがること。
① 潮が引くこと。また、その力。
※溺れかけた兄妹(1921)〈有島武郎〉「ひきとは、水が沖の方に退(ひ)いて行く時の力のことです」
② 写真撮影で、カメラを後ろへ下げる余地をいう。「引きがない」
[2] 〘接頭〙 動詞の上に付けて勢いよくする意を添え、または、語調を強める。「ひき失う」「ひき移す」「ひき劣る」「ひきかえる」など。さらに強めて、「ひっ」「ひん」と音変化した用法も多い。「ひっつかむ」「ひんまげる」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひこ【引】
四段動詞「ひく(引)」の連体形「ひく」の上代東国方言。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひっ【引】
〘接頭〙 (接頭語「ひき(引)」の変化したもの) 動詞の上につけて、勢いよくする意を添えたり、語調を強めたりする。「ひっかく」「ひっくるめる」「ひっぱたく」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

引の関連情報

他サービスで検索

「引」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.