Rakuten infoseek

辞書

引退【いんたい】

大辞林 第三版

いんたい【引退】
スル
それまでついていた地位や役職を辞めること。また、スポーツなどで現役を退くこと。 横綱が-する -興行隠退補説欄

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いん‐たい【引退】
[名](スル)役職や地位から身を退くこと。スポーツなどで現役から退くこと。「スター選手が引退する」「引退興行」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いん‐たい【引退】
〘名〙 役職、地位から退くこと。また、スポーツなどで現役から退くこと。
※臥雲日件録‐宝徳二年(1450)八月七日「如瑞渓、則倦於応世、而自甘引退。其進退出入、不官家。欲出即出」
※金(1926)〈宮嶋資夫〉四「今年こそ引退(インタイ)させるのだ」 〔銭起‐晩帰藍田旧居詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひき‐しりぞ・く【引退】
[1] 〘自カ四〙 その場からしりぞき去る。ひきのく。
※金刀比羅本保元(1220頃か)中「全汝が敵対すべきにあらず。とうとう引退(ヒキシリゾ)け」
[2] 〘他カ下二〙 しりぞくようにする。しりぞき去らせる。退去させる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひき‐の・く【引退】
[1] 〘自カ四〙 退く。退去する。
※金刀比羅本保元(1220頃か)中「義朝、清盛色をうしなひて引退(ヒキノキ)、所々にひかへたり」
[2] 〘他カ下二〙 ⇒ひきのける(引退)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひき‐の・ける【引退】
〘他カ下一〙 ひきの・く 〘他カ下二〙
① あいだをはなす。一方を遠ざける。また、二つのものを互いにはなす。
※栄花(1028‐92頃)御賀「次に又少しひきのけて、上の御前の御料によそひたり」
② 引いてとりのぞく。どかす。
※讚岐典侍(1108頃)上「ひとへを引かつくを御覧して引のけさせ給へば」
③ ひきしりぞかせる。退散させる。引きずり出す。
※史記抄(1477)一一「扶而去也。ひきのけてさらせた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

引退」の用語解説はコトバンクが提供しています。

引退の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.