Rakuten infoseek

辞書

引船【ひきぶね】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

引船
ひきぶね
tug boat
他のや推進機関をもたないはしけなどを引張って航行する作業船。曳船とも書く。河川での運行などに使われていたが,最近ではもっぱら港内あるいは沿岸の引船,いわゆるタグボートとして造られる。大型船が離接岸したり,ドック入りするときの航行援助に使われるため,速力よりも牽引力が大きく,馬力の強いことが要求される。このタグボートにも,洋上を航行できる大型のものから,小回りのきく小型のものまで,さまざまなものがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひき‐ふね【引(き)船/×曳き船/引(き)舟】
引き綱で他の船や筏(いかだ)などを引いていくこと。また、その船。曳船(えいせん)。
江戸中期以後の芝居小屋で、2階正面桟敷の前方に張り出した観客席。
引き舟女郎」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひきぶね【引船 tug】
タグボート,曳船(えいせん)ともいう。非自航船の曳航や作業支援に用いられる船で,船体の大きさに比し大出力の機関を搭載し,強力な曳航力をもつのが特徴。港湾用引船と航洋引船に大別される。前者は長さ約30m以下,主機関出力3000馬力程度以下で,はしけ(艀)やいかだ(筏)を曳航するはしけ引船,クレーン船などの曳航,転錨や土運船の曳航を行う作業引船,大型船の離接岸の支援を行う操船用引船がある。港湾用引船では,微速前後進や急速停止などの自由自在な操船を可能にするため,コルトノズル付きプロペラを水平360度旋回させるZ型推進装置をもつ船が多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

引船」の用語解説はコトバンクが提供しています。

引船の関連情報

他サービスで検索

「引船」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.