Rakuten infoseek

辞書

引(き)出物【ヒキデモノ】

デジタル大辞泉

ひきで‐もの【引(き)出物】
《もと、馬を庭に引き出して贈り物にしたところから》祝宴のときなどに、主人から招待客におくる贈り物。引き物。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

結婚式・ウェディング用語集

引出物
引出物とは、お祝いのお裾分けと、感謝の意を込めて披露宴の列席者へ贈る品物のことをいいます。披露宴の終わった後、ゲストに引菓子と一緒に持ち帰っていただきます。金額は引出物・引菓子合わせて4,000~6,000円程度が多く、引菓子を含めて2~3品が一般的です。夫婦には合わせて一組で構いません。昔は割れ物などの縁起が悪いものは避けられていましたが、近年では特に気にすることなく自由に選ぶ傾向にあるようです。地方独特の引き出物の風習があるので、事前に両家に相談しておいたほうがよいでしょう。引出物は奇数になるように選ばれることが多く、これは奇数が割り切れない数字であることから、二人の仲が決して割れないようにという縁起を担いだものです。ゲストが欲しいものを自由に選べるカタログギフトも人気があります。親族、上司、友人と、ゲスト別に内容を分けてももちろん良いのですが、引出物はお土産なので金額は同額程度のものを選ぶようにしましょう。引出物の由来は平安時代に遡ります。当時、招待したお客様にお土産として馬を贈るという習慣がありました。馬は庭に引き出してから贈られたため、後に「引き出す」という言葉が物を贈る意味として使用されるようになりました。そこから、大切な人への贈物を「引出物」と呼ぶようになったとされます。また、引きは長く続く、長引くという意味の縁起の良い言葉でもあります。「出したものを懐に引っ込めて頂く」という意味が転じて「引出物」の由来になったとも言われています。

出典:ウェディングプリンセス
©2005-2010 Wedding Princess All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひきでもの【引出物】
宴会に当たって招待した客に主人から贈る物。〈ひきいでもの〉ともいう。古くからの習俗であるが,《江家次第》の大臣家大饗に〈引出物 馬各二疋〉とあるように,平安中期以降の貴族たちの大饗に当たっては,ふつう馬が引き進められたが,鷹や犬,あるいは衣類も用いられている。武家の場合,源頼朝が1184年(元暦1)平頼盛を招待したとき,刀剣,砂金,馬を贈っており,刀などの武具がこれに加わる。こうした引出物とされた物からみて,この行為は本来,みずからの分身ともいうべき動物,物品を贈ることによって,共食により強められた人と人との関係を,さらに長く保とうとしたものと思われる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

引出物
ひきでもの
饗宴に招いた客への贈り物。古くは馬を引出して贈った習慣があり,そこから出た言葉といわれる。のちに金,銀,鎧,太刀なども使われるようになった。武家の間では,引出物は五献と定め,征矢,鞍鎧,太刀,小袖,馬としたことが『今川大双紙』にある。この流儀が食膳にも及び,1の膳 (本膳) ,2,3,4 (与) ,5の膳というように,客がその席で食べられずに持帰るものをも予想した引出物の膳も備えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

引出物
ひきでもの
来客供応の際に、主人から客に贈る物。「引き物」または「引き」ともいう。客をもてなすため、古くは庭先に馬を引き出して贈ったことから「ひきでもの」とよんだといわれる。この際、主人のほうが貴人であるときは、客のほうから贈ることもあった。現在でも結婚式など、改まった招宴のとき、引出物を添えるのはこの名残(なごり)である。昭和初期までは、地方の婚礼などには本膳(ほんぜん)のほかに五の膳ぐらいまで出して、客はその食物の大部分に箸(はし)をつけず、折り箱に詰めて持ち帰る習わしが広く行われていた。これも一つの引き物の形で、古い作法に基づくものという説もある。室町時代の武家の間には、酒一献(こん)について一品を贈るという風があり、なかにはかならず太刀(たち)や馬、小袖(こそで)、鎧(よろい)などが加えられ、食物は入っていない。一般の間では近年は砂糖、菓子などが引出物として使われ、菓子などは祝儀・不祝儀の際の色や形まで決まったものが市販されている。かつて慰労の意味で贈られた禄(ろく)や被物(かずけもの)、あるいは他家の使い人や遊芸の徒に与える纏頭(はな)とか祝儀という種類のものと、引出物とのけじめがだんだん混同されてくる傾向がある。[高野 修]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひきいで‐もの【引出物】
※宇津保(970‐999頃)祭の使「ひきいでものなども、乏しくは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひきで‐もの【引出物】
〘名〙 招待した来客に、主人から贈る物品。平安のころ、馬を庭に引き出して贈ったところからの名。後代は、引出物の名のもとに馬代(うましろ)として金品を贈るのが普通となり、現在では、酒宴の膳(ぜん)に添える物品をさし、さらに、広く招待客へのみやげ物をさすようになった。ひきいでもの。ひきで。ひきもの。
※九暦‐九条殿記・大臣大饗・承平六年(936)一月四日「大饗如常、献鷹一聯・馬一疋、為引出物也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

引(き)出物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

引(き)出物の関連情報

他サービスで検索

「引(き)出物」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.