Rakuten infoseek

辞書

引付衆【ひきつけしゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

引付衆
ひきつけしゅう
鎌倉,室町幕府引付にたずさわった者。室町幕府では内談衆ともいった。評定衆が兼ねる引付頭人に統轄される。初め右筆出身者か有力御家人から選ばれ,次第に北条氏一門の者に占められるようになった。室町幕府もこの制を設けたが,室町時代の中頃に廃止された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひきつけ‐しゅう【引付衆】
鎌倉幕府室町幕府職名評定(ひょうじょう)衆を補佐して訴訟庶務を取り扱った。内談衆。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひきつけしゅう【引付衆】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひきつけしゅう【引付衆】
引付に配属されて訴訟審理の実務にあたる幕府の職名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

引付衆
ひきつけしゅう
鎌倉・室町幕府において、訴訟専門機関である引付に属して訴訟審理にあたった役職。引付は鎌倉幕府の第5代執権北条時頼(ときより)が、裁判の公正を期し、能率化を図るために、1249年(建長1)に設けたもの。当初は御家人(ごけにん)が当事者である訴訟を扱う機関であったが、のち所領関係の訴訟を専門に扱う機関となった。引付は時期によって3~8の法廷をもち、各法廷では、引付頭人(とうにん)の指揮の下に、評定衆(ひょうじょうしゅう)、引付衆、奉行人(ぶぎょうにん)おのおの数名が訴訟審理にあたり、判決原案を作成して評定会議に上程した。引付衆には北条氏一門・有力御家人と文筆系職員とが任命されたが、しだいに北条氏一門の占める割合が高くなっていった。それはやがて、評定衆に進む階梯(かいてい)として北条氏一門の年少者が就任するという傾向も生んだ。評定・引付の制は室町幕府にも受け継がれ、内談(内評定)において評議するので、内談衆ともいわれたが、やがて衰退し、評定衆、引付衆の区別も不分明となり、その実質を失っていった。[山本博也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひきつけ‐しゅう【引付衆】
〘名〙 鎌倉・室町幕府の役職名の一つ。引付②で、引付奉行人とともに頭人を補佐して、訴訟の審理にあたったもの。内談
※吾妻鏡‐弘長元年(1261)三月二〇日「引附衆、進別紙起請

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

引付衆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

引付衆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.