Rakuten infoseek

辞書

弓取式【ゆみとりしき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

弓取式
ゆみとりしき
相撲興行で1日の取組が終了したとき,決められた力士行司からを受け,これを土俵上で操り,四股を踏む儀式。江戸時代,相撲興行の最終日 (千秋楽) には,最後の勝負に勝った力士に対し弓を与えていた。それが横綱谷風梶之助ののちは幕下の力士が代理で弓を受けることになり,次第に儀式化して,現代のような弓取式の形態となった。 1952年1月場所以後,千秋楽にだけ行なってきた弓取式を毎日行なうようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆみとりしき【弓取式】
相撲興行において,一日の取組が終わると,あらかじめ定められた幕下の力士が出場し,行司から弓を受け,これを手にして土俵上で左右に縦横に振り回し,勇壮に〈しこ〉を踏む儀礼。これは勝力士の喜びを表現する意味がある。平安時代の相撲会(すまいのせちえ)のとき,相撲取組の終わったあと,勝ったほうの左右いずれかの近衛側から舞人が登場して弓をとって立合舞(たちあいのまい)を演じた。これが弓取式の起源だといわれているが,勝力士にほうびとして弓を与えることは織田信長のときから始まった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ゆみとり‐しき【弓取式】
〘名〙 相撲で、優勝力士が弓を賞として受け取る際の儀式。現在では、場所中、毎日結びの一番の勝ち力士に与える弓を、弓取式の作法を心得た力士が代わりに受け取って行なう。この儀式は相撲(すまい)の節(せち)の時の「勝ち舞い」の故実に基づくとされ、元亀元年(一五七〇)織田信長が行なった上覧相撲の際の第一の勝者宮居眼左衛門に重籐の弓を与えたのが起源とされる。弓の式。弓取り。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

弓取式
ゆみとりしき

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弓取式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

弓取式の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.